バイオフォトンと宝石

画像や内容の転載は認めておりません。

バイオフォトンと宝石に関する問い合わせがありましたのでご報告いたします。
上の画像はSV-1開発者(上田)の右手のバイオフォトンと宝石の処方を表わしたものです。

バイオフォトンが多い場所(光が強い場所)は、活性酸素が多い箇所とも言えます。また炎症などの反応が考えられます。
この画像でわかりますように小指の外側からバイオフォトンが強く発行しているのがわかります。

この場所は、小腸の経絡であり、手相では水星の指を表します。
また、医療占星術では、水星は「大腸・小腸」を表わす星です。
水星と共鳴する色は「緑」であり、宝石は「エメラルド」の光線が水星と共鳴して運気を上げると考えられています。

この写真は、実際に私が腸の調子が悪いときにバイオフォトンカメラで撮影したものです。
その不調の状況が実際にバイオフォトンとして映りましたので驚きました。
もし、このような研究が進み病気の箇所をバイオフォトンの画像として確認することができ、またその改善状態も画像で確認できるのであれば素晴らしいことです。
バイオフォトンの撮影はとても大変なのですが、ただの撮影ですので放射線や電磁波などを使って検査する現代医療の検査を考えるととても安心なのです。

さて、治療を考えたときに写真の右のようなエメラルド(私が普段つけているものです)のリングをはめたときにどのようにバイオフォトンが変化するのか確認したところですが、残念ながらある大学の研究用のものですのでこれ以上の撮影ができす。今回は検証はできませんでした。
このバイオフォトンカメラを自社で研究用に欲しいのですが、数千万円するので難しいです。どなたかスポンサーになっていただけないでしょうか。(本気で)

話は、医療占星術に移ります。

医療占星術で処方する宝石は、ルビー、真珠、赤珊瑚、エメラルド、イエローサファイア、ダイヤモンド、ブルーサファイア、ヘソナイト、キャッツアイの9種類です。これらをどのよう状況で処方するかということは、その方の出生情報をもとにしたホロスコープ(天体配置図)を作らないとみえてきません。

ホロスコープ

私のホロスコープでは、水星が減衰して傷ついていることが確認できます。そのようなことから私はエメラルドを常に身に付けています。
それは体調だけでなく、運気にも関係するからです。

手相での薬指が水星の指であり、水星は占星術で大腸小腸を表わし、東洋医学では小指が小腸の経絡であり、ホロスコープで私の水星が減衰して傷つき、バイオフォトンカメラで撮影すると、その小指(小腸の指)が異常発光している。
これを「偶然」とは言い難いと思います。

私は、エンジニアとして治療家として、そしてアストロロジャーとして病気の研究をしてきました。
そのようなホリスティックな研究をしてきたからこそ検証できるスピリチュアルな科学。
私の20年以上に及ぶこれらの研究もいよいよまとめの段階に入ってきました。

病気とは何か

病気とは何かをよく考えてみてください。
心身がバランスを崩しているときに発っせられるシグナルが「症状」であり、その症状とは、「いま元の状態(バランス状態)に戻しているからね」というメッセージでもあるのです。
つまり、「病気とはアンバランス(心身のどこかが偏っている)の状態」とも言えます。

プレバランスが目指しているセラピーは、「原因療法」です。
つまり、このシグナルやメッセージを手掛かりに病気の根本原因(不自然な状態や偏り)を突き止めることをしています。
当然、その大元を治せば(調和させれば)異常のシグナルは収まります。

しかし、現代医療の多くはこのシグナル自体を止めることを治療としています。
例えるなら、警報ブザーのスイッチを切ったり、警報器のコンセントを抜いたり、ひどいときには警報ブザーそのものを破壊(切除)して病気が治ったとしているわけです。

その病気が人間関係による精神的なストレスが原因であれば、その精神的なストレスを改善するのは当然のことだと考えます。

例えば、そのストレスの結果起っているうつ病を薬で治すなんてできますかね?

暴飲暴食で血糖値が上がって糖尿病になっている人は、正食で改善すべきだと思いますが、暴飲暴食を続けたままで薬で治すことができますかね?

さらにこれらの薬の副作用で体調不良になっている人は、薬で治すことができますかね?

元を辿れば、人間関係のストレスだったり、暴飲暴食だったりが原因なのに、それを薬で抑え、その副作用による症状をまた薬や酷いときには手術で抑える・・・。
こうなると、とても複雑になってしまっています。

このようなこじれた症状をSV-1で治せますか?
とか言われるわけですが、無理です。

まずは、ストレス源から離れていただき、食生活を改め、徐々に薬(石油)を減らし、そして手術で切られた経絡を「経絡つなぎ」で回復させ、傷ついたメンタルを「感情レメディや波動水」で修復する。
また、原因が土地の磁場にあれば転地を勧め、スピン偏極セラピー(PBW)を行う。
また、原因がカルマ的な問題であれば、占星術でそれらを伝え、祈りのセラピーやマントラセラピーを行なう。
これがプレバランス式原因療法です。

周波数帯域ごとの治療

 

波動の周波数は、その帯域にあった周波数を使うと効果が高いのです。
それはどういうことかと言いますと、物質の波動には物質の波動で対応した方が結果が早いということです。
◆肉体という物質には、手術やドラックの薬などの低い波動の方が結果が早くでます。
◆メンタルは、物質ではないのでメンタルには、感情レメディや波動水が効果的です。
◆霊障には、マントラ(ご真言)や霊障レメディなどが効果的です。

そのように考えますと、お薬という石油を体外に排泄するには、冷え取りや石油を溶かす水(PBW:プレバランスウォーター)が有効な治療といえます。
薬を飲みますと体温が下がります。
体温というのは、細胞の振動(通常は1秒間に10兆回の振動)する速さで決まります。
ですから、体温が低いと言うことは薬によって細胞の振動数が抑えられてしまっています。
ガンは低体温の人がなりやすくなります。低体温(冷え)は免疫や血流を下げますので万病のもとです。
今の薬漬けの医療が万病のもとになってしまっている現実があるわけです。
なんと理不尽なことでしょう。

下記のブログにも薬剤師さんが書かれていますが、薬は緊急的な状況では必要だと思うのですが、慢性的な病気に対しては冷え取りや食事療法などで対応した方が良いと考えております。

下記のブログを読んでみてください。
◆薬は石油から合成されているものが多いという事実

残念ながら、薬の波動は、SV-1のレメディで中和でる可能性があっても物質としての薬そのものが消えるわけではないので、その石油(薬)の影響による生体電流の絶縁や冷えなどは改善できません。

ですから、まずはその石油(我々は、薬以外にもたくさんの化学物質を摂取しています。)を排泄するための「冷え取り」や「PBW」などを行ってSV-1での治療できるベースを作らないとならないのです。

 

 

質問への回答180419

ユーザーから下記のご質問がありましたので回答いたします。

【ご質問】
アレルギーのCMPのポイントにおいて、「被験者との相性を調べるときは、CMPがグリーンレベルになっていることを確認してから、INのプレートに調べたい物をのせて再度計測し、変わらなければ、つまりグリーンレベルのままなら、相性が良く、インジケータードロップしたときは、相性が悪い」、ということ理解いたしました。ということは、INのプレートに置いた物の波動が、プローブ先端がアレルギーのCMPに触れた途端、INのリンガムロッドとの間で循環する様になるので、被験者にとって良い波動の物だったら、スムーズにマイクロアンペア(バイオフォトン)は流れるが、被験者にとって悪い波動の物なら流れを阻害されインジケータードロップを起こす、というように理解してもよろしいでしょうか?

【回答】
その通りです。

【ご質問】
ということは、「INのプレート」には、計測時に、もし不用意に何かを置いていたとしたら、その計測に何かしらの影響を与えるとかも知れない、と考えておいた方が良いのでしょうか?

【回答】
その通りです。

【ご質問】
(余談)(ワクワクしながらこんなことを考えています)
もしかして、INのプレートに、波動を高める物を置いておいたら、クライアントのエネルギー不足を補い、計測出来るようになるのでは…と考えてしまいました。たとえば、エネルギーを10%上げる波動水等を作っておき、疲れなどによる生体エネルギーの不足を補えれば…と考えてしまいました。スピン調整、督脈・任脈の経絡つなぎをしても、各経絡の拡張レメディを通電しても…、計測 不能の時、心に響く感情レメディを選択していただき通電しても、計測出来ない方に何とかしてあげられないか…と日々考えていますものですから。でもこれは、二つ目の(?)が成り立つ場合ですが…。
今後とも宜しくお願いいたします。
頑張ります。

【回答】
免疫が下っていて測定できない方にはそのようなパワーのあるもの(その方に相応しい宝石などもよいかと思います)を使用することは有効だと思います。
ただ、それ以外の理由で測定できない人がいます。それは体内毒素が細胞間に溜まっているケースです。
その中には、病院で処方されるお薬(石油)を長年大量に飲まれている方や暴飲暴食で不適切な食事をされている方などです。
ほとんどのお薬は、石油ですから絶縁物です。つまり電気を通しませんから測定できないわけです。
このような方は、それらを排泄することや新たに体内に入れないようにしなければ測定はできないのです。

まずは、クライアントに測定できるベースとなる身体を作っていただく必要がありますね。
お薦めなのは「冷えとり」です。
下記の本はとてもお薦めです。何人もこの療法で体調が改善しました。

相性を調べる

「SV-1で物質との相性を調べる方法」の問い合わせがありましたのでお答えいたします。

この図は、手のCMP(コントロールメジャーポイント)の配置図です。CMPとは、その経絡のメイントなっている経穴で、この経穴を調整することで他の経穴も活性化してきます。
時間がないときには、この経穴調整だけでも有効になります。
さて、物質との相性を調べるときには中指の「アレルギー1b」のCMPを使います。
 

 【相性調整の手順】

①アレルギー1bの経穴を測定(左右どちらの手でもかまいません)し、グリーンレベルの状態で、なおかつインジケータドロップのないことを確認します。そのような状態でない場合には、この経穴のセラピーを行なって正常な状態にしてから測定してください。

②次に相性を調べたい物質をSVステーションのINプレートの上に置きます。このとき調べたいものは、写真に写っている人や動物などとの相性でも構いませんが、初心者は、物質の相性から始めてください。熟練者(脳波が覚醒θ波になっている人)は、紙に書いた文字(例えば、バナナ)であっても判別できるようになります。

③相性を調べるものをINプレートに置いた状態で「アレルギー1b」を再度特定した状態でインジケータドロップが起った場合には、相性が悪いとなります。変化ない場合には、問題ないということです。

④INプレートに置いたものとの相性を合わせたい場合には、OUTに水やご自身の手を置いて「相性調整ボタン」を押して、相性調整セラピーを行います。水は、相性調整をした波動水となります。

【注意】
この方法でお薬やアレルギー物質との相性を調べ、それらを増減するなどの判断には使用しないでください。
この結果は、あくまでも参考としてください。

オーラを強化して邪気から身を守る

SV-1には「スピン調整」という機能があります。
これは、電子スピンの回転速度をアップさせるセラピーです。


地球は、宇宙からの電磁波を防御するために地磁気でシールドしていますが、その地磁気の弱い場所の極にできるのが「オーロラ」です。

人のオーラも邪気から身を守るために生体電流で作られるシールドですが、このシールドのオーラが弱いときに、邪気の侵入を許してしまいます。
いわゆる霊障とか、「憑いている」とかいわれる状態になります。

このシールドを強化(オーラを強くする)する方法としてSV-1には「スピン調整」という機能があります。
このセラピーによって電子スピン回転速度をアップし、シールドが強化されます。

そんなバカな・・・

まあ、やってみればわかりますよ。
明らかに経穴のインピーダンスが低くなり、体中にエネルギーが満ちてくるのが、測定でも体感としてもわかります。

ホームページとブログの刷新

SV-1は、開発者がいうのもおかしいですが本当に凄いホリスティックなエネルギー療法ができる機器なのです。ただ、これまではあまり人目に触れさず、情報も開示せず、こっそり販売していました。(笑)
でも、そろそろ世の中に出しても良い(時代が追いついてきた)のではないかと思い、ホームページやブログを刷新して公表することにしました。

SV-1の経絡ガイドプログラムも最新にヴァージョンアップしました。これにより、SV-1でも「遠隔転写」ができるようになりました。

こちら「覚醒への招待券 No.1」の動画で「第三世代の医学」について少し話していますが、今回の「遠隔転写」では、レメディなども電磁レメディ(SV-1から発信している磁気の情報)の考え方から「量子レメディ」になっています。
量子レメディ」にいては、また機会をみて書きたいと思いますが、時代はいよいよ「エネルギー医学」や「波動医学」にシフトしていくと思います。