周波数帯域ごとの治療

 

波動の周波数は、その帯域にあった周波数を使うと効果が高いのです。
それはどういうことかと言いますと、物質の波動には物質の波動で対応した方が結果が早いということです。
◆肉体という物質には、手術やドラックの薬などの低い波動の方が結果が早くでます。
◆メンタルは、物質ではないのでメンタルには、感情レメディや波動水が効果的です。
◆霊障には、マントラ(ご真言)や霊障レメディなどが効果的です。

そのように考えますと、お薬という石油を体外に排泄するには、冷え取りや石油を溶かす水(PBW:プレバランスウォーター)が有効な治療といえます。
薬を飲みますと体温が下がります。
体温というのは、細胞の振動(通常は1秒間に10兆回の振動)する速さで決まります。
ですから、体温が低いと言うことは薬によって細胞の振動数が抑えられてしまっています。
ガンは低体温の人がなりやすくなります。低体温(冷え)は免疫や血流を下げますので万病のもとです。
今の薬漬けの医療が万病のもとになってしまっている現実があるわけです。
なんと理不尽なことでしょう。

下記のブログにも薬剤師さんが書かれていますが、薬は緊急的な状況では必要だと思うのですが、慢性的な病気に対しては冷え取りや食事療法などで対応した方が良いと考えております。

下記のブログを読んでみてください。
◆薬は石油から合成されているものが多いという事実

残念ながら、薬の波動は、SV-1のレメディで中和でる可能性があっても物質としての薬そのものが消えるわけではないので、その石油(薬)の影響による生体電流の絶縁や冷えなどは改善できません。

ですから、まずはその石油(我々は、薬以外にもたくさんの化学物質を摂取しています。)を排泄するための「冷え取り」や「PBW」などを行ってSV-1での治療できるベースを作らないとならないのです。

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です