地震を予知する能力

最近地震が多いですよね。

私には、地震を予知する能力が備わっています。
具体的には、頭が痛くなります。
普段、私は頭が痛くなることがないので頭痛が起こるとかなりの確率で地震が起こります。

地震は、頻繁に起こっているので「すべてに反応するか?」というとそうではなくて震度4以上でしょうか。

地震が起こると、頭痛は何事もなかったように収まります。
本日、15時21分に発生した青森県沖の地震(震度5弱)の体感の頭痛がありました。
スタッフとのLINEのやり取りの中で「まもなく大きな地震が来ると思われる体感(頭痛)があるので、少し休んでます」という地震を予知したLINEを地震発生約1時間前の14時27分にしています。

でもいつもは、頭痛が収まった翌日に起こるパターンが多く「明日、少し大きめの地震があるな」という感じです。

さて、このような能力(体感)をお持ちの方は、多いのではないかと思います。
祈りのセラピーには、脳波を覚醒シーター波に誘導する仕組がありますので、セラピーを続けるうちに地震予知の能力も開花すると思われます。(常に痛いわけではありませんのでご安心ください。笑)
◆第13期 祈りのセラピスト養成講座はこちらから

私は、このような祈りのセラピストの能力を活かして「PTA研究会:地震予知」を立ち上げたいと考えております。(そのようなページをPTAに新設いたします)

PTA勉強会の今月(22日)のテーマの「未来予知」では、2020年の日本を予測するのですが、過去に起こった大地震(阪神淡路大震災と東日本大震災)の日本のホロスコープ(占星術)との関係などもご紹介しながら「2020年の大地震の可能性」や「景気動向」などをお伝えしたいと思います。

【PTA勉強会に参加したい場合】
PTAの勉強に参加したい方は、こちらのPTA会員ページを参照ください。
※ご不明な点は、LINEまたはメールでお問い合わせください。

@prebalance

 

備えあれば憂いなし

未来がわかれば、憂いなし

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です