エンジェル3とは

エンジェル3とは

エンジェル3の開発

「病人や悩み苦しみ人のいない社会を創りたい」との想いを実現するために「誰でもが簡単に祈りのセラピーができる装置」を開発しようと20年に渡り、研究を重ねてきました。
開発後も10年間の実証試験を行い、超能力や医学的な知識のない人でも、この装置を使えば奇跡的なセラピーができるという結果を得たことから、2016年にUSBタイプの汎用型量子コンピューター「エンジェル3」を商品化して世に出しました。

エンジェル3 最上位機種 ETZ

病気や悩みの根本的な原因を探り、改善すれば、この世から病人や悩み苦しむ人はいなくなるだろうと考えています。
近年、祈り・ご祈祷の治癒効果は、科学的にも証明されてきました。

エンジェル3とは、私が約20年研究し続けてきた集大成のデバイスであり、そのシステムを使い、PB量子療法(祈りのセラピー)を行うことで、祈りの力を飛躍的に高め、遠隔地の方にも時空を超えて、その効果を発揮します。
PB量子療法の基本原理は、量子情報理論の「量子もつれ(entanglement)」によるものです。

病気と気づき
量子もつれと遠隔転写

いまの医療は「病気を治すこと」に躍起になっていますが、「病気」の本質は、私たちに「気づき」を与えることです。
結果的に、気づきは与えられず、症状を緩和させることを「病気の治療」だと、ほとんどの人が勘違いしています。
PB量子療法は、「気づき」が届くセラピーなのです。その気づきがあれば、私たちは、病気や悩みから解放されます。

次に「量子もつれ」を解説します。
物質を分解していくと分子になり、原子になり、最終的には素粒子になります。ふたつの素粒子をぶつけると、常にお互いに影響を及ぼしあう特別な状態になります。この状態で一方の素粒子になんらかの刺激を与えると同時にもう一方の素粒子にもその影響が及びます。この現象を「量子もつれ」といいます。
PB量子療法は、この「量子もつれ」を使った遠隔治療と言えます。

先ほどの「病気と気づき」と合わせて、詳しくは、次の動画をご覧ください。

量子レメディと波動水の効果

PB量子療法には、量子レメディと波動水を使うことがあります。それらの効果には「意識エネルギー」がとても重要です。この意識エネルギーとは、バイオフォトンです。
まず、下記の動画をご覧いただきご理解いただきたいと思います。
※波動水には、PB波動水(AMRITA)推奨しております。

 

エンジェル3シリーズ ➡