「四苦八苦」と「若返りの水 AMRITA」 

四苦八苦とは

四苦八苦(しくはっく)とは、仏教における苦の分類。
根本的な苦を生・老・病・死(しょう・ろう・びょう・し)の四苦とし

  • 生苦– 生まれること。
  • 老苦– 老いていくこと。体力、気力など全てが衰退していき自由が利かなくなる。
  • 病苦– 様々な病気があり、痛みや苦しみに悩まされる。
  • 死苦-死ぬことへの恐怖、その先の不安。

根本的な四つの苦に加え、

  • 愛別離苦(あいべつりく)- 愛する者と別離すること
  • 怨憎会苦(おんぞうえく)- 怨み憎んでいる者に会うこと
  • 求不得苦(ぐふとくく) – 求める物が得られないこと
  • 五蘊盛苦(ごうんじょうく) -人間の肉体と精神が思うがままにならないこと

の四つの苦を合わせて八苦と呼ぶ。

Wikipediaより


四苦八苦とAMRITA

「病人や悩み苦しむ人のいない社会を実現する」には、この四苦八苦から解放される方法を見出さないとならないと考え、20年研究してきました。

そのために開発してきた様々なアイテムやシステムですが、そのひとつであるAMRITAは「老苦」「病苦」「死苦」に対応するアイテムとして開発してきました。

例えば、ガンという病気があります。
この病気は、まさに「老苦」「病苦」「死苦」がテーマと言えます。

まず、老化ですが次の動画をご覧ください。
老化とは、コーヒーにミルクが混ざり合っていく様を言います。
別な言い方をすれば、老化とは「エントロピーの増大」と言えます。

ガンの多くは、年を取ってから罹るものであり、細胞のミスコピーも含め、老化が原因です。
ですから、老化が理由であるガンに対して抗ガン剤は「無意味(老化を考えれば逆効果)」であり、また手術で除去しても老化のスピードを抑制できなければ、死へのスピードはあまり変わらないと言えます。

ガンと若返り

「老苦」「病苦」「死苦」に対抗するには
・「老化のスピードを遅くする」ことであり
・「コーヒーにミルクが混ざる時間を遅くする」ことであり
・「エントロピーの増大を抑える」ことだと分かると思います。

では、問題です。
コーヒーにミルクが混ざる時間を遅くするには、どのような方法があるでしょうか

その方法の一つは、「冷やすこと」です。

なぜ、冷蔵庫の中で物が腐りにくくなるのでしょうか
それは、冷やすことでエントロピーの増大のスピードが遅くなるからです。

冷凍保存した精子が何年か経過した後も使えることを聞いたことがあると思います。
実際に人間を冷凍保存して何十年か後に蘇らせるという研究もされていますが、まさにエントロピーの増大を抑えることで、命を延ばそうとしているのです。

 

若返りとエントロピー

誰もが永遠の若さを手に入れたいと思います。
しかし、実際にはそのようなことは不可能なのです。
それは大宇宙の法則であるエントロピーの増大は、「物質であれば誕生した時点で必ず老化(劣化)に向かう」という世界に我々は生きているからです。

生苦とは、生まれた時点で⇒老病死に向かう宿命であるからです。

私は、「冷却などせず老化のスピードを遅くできないか」と考えました。
そのためには、エントロピーの増大を抑える研究が必要でした。

そして、その方法を見つけました。
それは、「エントロピーの増大とは、スピン偏極だ」と判ったからです。

スピン偏極については、「磁場の影響を受けない水」で解説しましたので、ご確認ください。

生物の老化は、細胞の水分子がスピン偏極することであり、この「スピン偏極を抑えられれば(元に戻せれば)、老化のスピードを抑えられる」という結論です。

そして、開発したアイテムが「AMRITA」なのです。

AMRITA水を若返りの水と呼んでいますが、「スピン偏極」を元に戻せると言うことは、若返ると言うことですから、決して大袈裟な表現ではないのです。

 

四苦への光明と死苦

「若返りの水AMRITAの開発」で四苦への光明が見えたのです。

AMRITA開発のもう一つの目的は「恐怖を消す水」を開発することでした。
それは「死苦」という死への恐怖の解消でもあります。

この恐怖の解消については、別の機会に説明いたしますが、
いま大騒ぎとなっているコロナウイルス問題の本質は「エントロピーの増大」なのです。

それが証拠にお年寄りが亡くなることが多く、コーヒーにミルクが拡がるように拡大しております。
合わせて様々な「恐怖」も拡がっています。

まさに、「エントロピーの増大」を抑えることに「四苦八苦」しています。

AMRITAがこのようなウイルスの拡大にも貢献できると考えておりますが、それは言うまでもなく「エントロピーの増大」を抑える水だからです。

 

開発過程

AMRITAの開発過程を示した資料を掲載いたします。
詳しくは、PTA勉強会の3月のテーマの「磁場が健康や運気に与える影響の研究報告」で解説いたします。
その後、こちらのブログでもダイジェストをご紹介いたします。

【資料1】

【資料2】

【資料3】

【資料4】

【資料5】

【資料6】

【資料7】

【資料8】

【資料9】

 

 

意識情報を水に書き込むメカニズム

 

「意識を乗せた量子レメディ(生物光量子)は、0次元を通過し、ペアリング(量子もつれ)された転写プレートに瞬時(光速を超えて)に届き、同時にプレート上に置かれたゼロチャンネルに誘導されたAMRITAにレメディ情報が記憶されると言うメカニズム」なのだ

ポイントは、送る側の意識とその意識が通過する次元、さらには記憶される水、このすべてが「ゼロ、中庸」であること。
意識がゼロとは、無条件の愛であること。水がゼロとは、無極性であること。

無極性の水は、電磁場を記憶するのではなく、意識を記憶できる。量子もつれを起こした相手がその水を飲むとき、その意識情報が調和へと導く。
AMRITAが「愛と調和の水」と言われる所以である。

ここに遠隔セラピー、遠隔転写すべてのメカニズムが解明された。
プレマ神ありがとう

 

中庸は「無」ではない
無色と透明の違い
在るけど無い状態
磁石で言えば、N極でもS極でもない位置
中庸とは調和状態

すべては調和で解決できる

 

愛と調和の水を製造する装置AMRITA-ETZ

水の極性と空間浄化の話

今回は、水が極性分子であることと空間浄化について書きます。

極性分子同士だから混ざり合う

水にいろいろな物質が混ざるのは、水が極性分子だからなのです。
「極性分子」については、次の動画でご確認ください。
※とても解りやすい動画なので使わせていただきました。(感謝)

室内アンテナでテレビを見ている人が雨の日にのチャンネルが映らないことがあります。これは、電磁波を大気中の雨が吸収してしまうためと考えられます。

また、電子レンジで水が温まるのも、水が極性分子として電磁波を吸収するからですね。

パソコンを使っているとパソコンに帯電している電荷を私たちの身体が吸収してしまいます。(身体の細胞の60%以上が水のため)
これも同じ原理です。

電磁波の健康に与える影響を懸念する理由の一つは、水が極性分子であるからなのです。

 

AMRITAには無極性分子の油が混ざる

動画で解説の通り、水が極性分子に対し「油は無極性分子」だから混ざらないのですが、
AMRITAの水と油は混ざります。

【実験】
水道水とAMRITAの水をそれぞれ食用色素(緑)で着色し、食用油を入れて観察しました。

約2ヶ月経過後の水道水(左)とAMRITA(右)の表面

AMRITAの表面がドロドロしてきました。AMRITAの水が油と混ざっている証拠です。次の画像の側面からみると一目瞭然です。水道水は、水と油がクッキリと分かれています。2ヶ月経過しても変化しませんが、AMRITAの水と油は明らかに混ざり合っています。

水道水と油は混ざらない
AMRITAの水と油は混ざる!!
さらに拡大してみると混ざり合っている様子がよくわかります

AMRITAは、水でありながら極性分子ではないのでしょうか?
後日、静電気の実験で明らかにしたいと思います。

空間浄化について

次は、空間浄化についてです。
大気中には、水分があります。
湿度による密度の違いがありますが、必ず大気中には水があります。
その水にAMRITAの水を噴霧するとどういうことになるかということです。

さらにAMRITAの水に「情報を転写」して部屋中に噴霧したらどうでしょう?

AMRITAは、空間を浄化するのです。
AMRITAは、邪気なども浄化します。
AMRITAは、有害電磁波を愛と調和の波動に変えます。

空気清浄機(加湿付)でAMRITAの水の噴霧を行うことで
情報を転写した空間を作れます。
遠隔で水に転写すように、空間にAMRITAを満たした
情報転写空間を作ることができるのです。

例①:新型コロナウイルスの情報レメディ集
例②:花粉症の情報レメディ集

 

 

 

水をフォーマット(初期化)する

今回は、水のフォーマット(初期化)の話です。

画像は、パソコンのハードディスクですが、まずこのハードディスクがどのように情報を記録するのかを考えてみましょう。
解説は、下記の動画をご覧ください。
※設定ボタンより字幕(日本語)を表示してご覧ください。

3分30秒付近の「超常磁性効果」に注目ください。熱によりビットが反転してデータの損失が起こるというものです。

次にハードディスクの磁区①と水のクラスター③と細胞の組織④の画像をみてください。とても似ていると思いませんか?
②は磁区内の磁化の方向を示す画像ですが、③水のクラスター内と④細胞内の磁化の画像はありませんが、同じような構造となっていると考えています。

①ハードディスクの磁区(磁性金属のブロック)
②磁区内の磁力の方向
③水のクラスター:Wikipediaより
④細胞の組織

 

水の情報記憶

波動水」をご存じでしょうか。
水に情報を記憶させて、その水を飲むことでセラピーを行う水療法です。
「波動機器」といわれる装置で水に情報を書き込み「波動水」を作るとされておりますが、その方法は「磁場のパターン(波動)」の微弱な磁場を水に書き込むというものです。

磁化状態を保持できる時間

水は、微弱な磁場を記憶すると考えられます。
前回の「磁場の影響を受けない水」の実験で分かったのですが、磁化された水を飲んだ時にスピン偏極した被験者が、時間の経過とともに元の状態に戻るという変化から、病気とはスピン偏極であることに気付いたわけです。

次に磁化させた水をある時間放置し、再度被験者に飲んでもらいスピン偏極状態を調べました。
その実験が下記の「磁化水は、磁化状態をどれくらい保持できるのか」です。

この実験で分かったことは、磁化から10日間放置した水を飲んでも同じようにスピン偏極がおこりました。
つまり、水が10日間も磁化状態を保持したということです。
これは「水が情報を一定時間記憶するという証拠」だと考えました。

さらにこの実験で2つのことが判りました。
①被験者の体調によって磁化水を飲んでから、偏極状態が自然に元に戻る時間が異なると言うことです。そして、この回復力こそが「自然治癒力」というものだということです。私は、この発見はノーベル賞ものだと持っています。(笑)

②もう一つ判ったことは、SV-1とAMRITAの飲用によってスピン偏極状態を直ぐに戻せるということです。
つまり、病気の原因は「量子的にみればスピン偏極状態」と考えると、それを戻せるということは、これらによって「病気を治せる証明」だということです。

よくある質問で「波動転写した波動水はどのくらい持ちますか(情報の保持)」というのがありますが、この磁化された水がどのくらい保持状態を保てるかということが目安となります。
私の実験では、蒸留水で10日でしたが、水によって(温度なども関係)異なると思いますが、通常の水は、それほど長い時間は保持されないのではないかと思います。(1日~3日程度)

塩素情報を記憶する水道水

塩素と水道水の話をします。
水道水には塩素が含まれています。
何も知らない人は、「殺菌されているので安心な水」と考えているようです。
同じように化学物質によって腐らない食べ物があります。
○○のハンバーグはいつまでも腐らないというのをネットで目にします。

よく考えてみてみましょう。
化学物質を使って菌が繁殖できなくするということは、生き物が生息できない水や食べ物だということです。
これを安全だと考えるべきでしょうか。

極端な比較ですが、ボウフラが湧く水と、殺虫剤(化学物質)を入れてボウフラを死滅させた水を仮に飲むとしたら、どちらが安全だと思いますか。

塩素などが気になる方は、浄水器を取り付け「飲む直前に塩素を除去した水を飲んでいる」わけですが、水の情報記憶のことまで考慮されている方は少ないと思います。

浄水装置で物理的に塩素などの化学物質を除去できても、蛇口からでてくる水は、「塩素の情報を記憶」しているということです。

波動水的なロジックで言えば、「塩素の情報を記憶した波動水を飲んでいる」と考えられます。

水をフォーマットする

冒頭のハードディスクの動画の3分30秒付近からの「熱によりビットが反転してデータの損失が起こる」というところに注目ください。
情報は、ビットの方向を揃えれば消せるということです。
実際にハードディスク内のすべての情報は、ビット方向を揃えてフォーマット(初期化)します。

AMRITAは、水道水の情報をフォーマットしています。
その工程を簡単に説明します。

【工程】
⑴ 画像の左のフィルターで水道水の化学物質(塩素など)や異物(配管内も鉄さびやごみ)などを除去します。

⑵ 次に右側の装置内に電位の異なる鉱物を配置し、強力な「電位差(落雷レベル)」を与え、ハードディスクのフォーマットと同じような方法で水道水に書き込まれた塩素などの情報をフォーマット(初期化)します。

この工程により装置内の水は、「何ら情報を持たない水」となります。
つまり、地球に水が誕生した頃の「古代の水」に戻るのです。
水本来の「ピュアな水」に戻るということです。

⑶ 最後に「量子情報(バイオフォトン)を書き込める処理」が施され、愛と調和の水「AMRITA」が完成します。

次回に続く

磁場の影響を受けない水

画像はWikipediaより

まず、MRIの話からさせてください。
病院の検査では一般的になりましたMRIですが、このMRIの原理は、被験者を強力な磁場のドームに入れ、特定の周波数の電波を照射し、撮影したい部位の水素原子(プロトン)のスピン方向を同じ方向に揃えます。
これを磁気共鳴・励起と呼びます。
しばらくしてこの電波を切ると各組織(水・脂肪・骨・癌などなど)は独自の速さで元の安定した方向に戻っていく性質があります。この戻る速度差を白黒画像で表現したものが核磁気共鳴画像法:MRImagnetic resonance imaging)です。

復元するスピードが病巣を示す

なぜ、このような説明をするかですが、上記オレンジの文字で書いた「各組織(水・脂肪・骨・癌などなど)は独自の速さで元の安定した方向に戻っていく性質」というのが、病気を考える上でポイントとなるからなのです。

つまり、病巣(病原)の箇所は、水素原子のスピンが安定状態(調和)に戻るスピードが遅いか、戻らないということなのです。

言い換えると、水素原子の「スピン偏極状態」にある箇所が病巣と言えます。

 

MRIと同じ磁場を水に与えると

私は、様々な種類の水にMRI同様の磁場を与え、その水を飲むと体にどのような変化が起こるか、実験を行いました。
この実験には、某大学のお二人の教授にも立ち会っていただきましした。
一人目は、最先端医療を研究するA教授、二人目はバイオフォトン(生物光量子)を研究されているB教授です。

A教授は、ある企業から「磁気水」の評価の依頼を受けていました。
その磁気水は、企業評価では「植物を育てると成長が早く、大きく育つ」というものでした。

実験は、この磁気水を飲んでバイオフォトンがどのように変化するかを観るもので、A教授自らが被験者となって磁気水を飲まれました。

予想外の結果

磁気水で植物が早く成長するということは、その水を飲んだ後にバイオフォトンが増えると、我々は予想していました。
しかし、予想外の結果となりました。
バイオフォトンは、増えるどころか減少し、弊社が開発したSV-1(細胞間を流れるバイオフォトンの状態を測定する装置)で測定すると「スピン偏極」状態を起こしていました。
※SV-1は、経絡のインピーダンスの変化を測定することで、身体を流れるバイオフォトンの状態をみる装置です。詳しくは、こちらを参照ください。

バイオフォトン療法機器SV-1

成長が早いことは良いのか

私たちは、大きな勘違いをしていました。
植物が早く成長するということは、農家にとっては生産性が高く良いことだと思います。
しかし、「生物」として考えると「死期が早まる」ということなのです。
私は、これを「エントロピーの増大」としてこれまでに何度も説明してきました。
※「寿命とエントロピー」で詳しく説明しています。

現代医療は、このエントロピーが増大するスピードが死期を早めてしまうことに、まだ気づいていないでしょう。
癌を切除してもエントロピーの増大を食い止めないと死期はあまり変わらないと言えます。

 

エントロピーの増大を止めるには

エントロピーの増大を止めるには、スピン偏極を抑えることです。
やっとMRIの説明とつながります。(笑)
病巣の場所は、スピン偏極状態にあり、それがどんどん広がることが「エントロピーの増大」なのです。
だとすれば、身体の60%が水である我々にとって最も飲むのに最適な水は、「スピン偏極しない水」「スピン偏極を戻せる水」が、究極の健康の水と言えるのではないでしょうか。
エントロピーの増大とは、老化とも言えます。
スピン偏極しない水、スピン偏極を戻せる水は、「若返りの水」と言えると思います。

 

AMRITAは磁場の影響を受けない

AMRITAにMRIと同じ強さの磁場を与えても磁化(スピン偏極)しません。
これは、実験で証明されています。

MRIと同じ磁力のネオジム磁石
水をこの装置内に入れる
10秒間ほど入れる(短時間で通常の水は磁化されてします。)
AMRITA水も同じように実験
磁場を与える装置内に長時間放置したAMRITA水を飲んでも、スピン偏極状態は確認されなかった。

 

なぜAMRITAはスピン偏極しないのか

スピン偏極をしない理由は、これまで解説してきました「分子間力」や「水素結合」が強いからなのです。

次回に続く

 

 

 

 

 

水より沸点が高い水

今回は、AMRITAの沸点の話です。
AMRITAは、普通の水より「沸点が高い」のです。

 

その理由は、「水より重い水」で書きましたが「分子間力」によるものです。
「分子間力と沸点」について下記のYouTubeでわかりやすく解説されていましたので、使わせていただきます。
まずは、水素結合から

AMRITAが分子間力が強いから沸点が高いということはご理解いただけたと思います。
実際に普通の水道水とAMRITAの沸点を測っていただければ、分子間力の違いを実感いただけると思います。

この分子間力は、水分子間のスクラムの強さと言えます。
AMRITAは、このスクラムの力が強い水なため、この飲むことでエントロピーの増大(スピン偏極)を抑えたり、電磁場の影響を受けないようなことができるわけです。

私たちの身体は100兆個を超える細胞から成り立っており、体重の約65%は水分です。その水分の約3分の2は、細胞内に存在し、残り3分の1は、細胞と細胞の間に存在する細胞間液と血液にあります。
水は、生命を維持するためにいろいろな使われ方をされます。
生物は、水がなければ生きていけません。
私は、「水に求められる最も重要な機能は、分子間力(水素結合)」ではないかと考えております。

油を分解する水

マイクロプラスティック

一度放出されたプラスチック(もとは石油)ごみは容易には自然分解されず、多くが数百年間以上もの間、残り続けるとされます。
海洋ゴミなどの大きなプラスチックは、壊れて段々と細かい断片になる結果、環境中に形成されたマイクロプラスチックとなります。

人体にもマイクロプラスティック

歯磨き粉や化粧品にもマイクロプラスティックがいわゆる「スクラブ材(研磨剤)」として入っています。

人体への影響

環境ホルモンとして様々な問題が指摘されています。
また、絶縁物質として油は、生体電流も遮断することになりますので、細胞間の情報伝達などの影響も考えられます。

油(プラスティック)を分解するAMRITA

【実験】

緑色に着色した水道水とAMRITAを30㏄の食用油の中に滴下します。
かき混ぜます。
細かくはなりますが、混ざりません。
どちらの水も混ざることなく底に沈んで同じような大きさの塊を作ります。このまま変化を観察します。(2019年12月5日撮影)
13日後に撮影した水道水とAMRITAの塊です。(2019年12月18日撮影)

明らかに、AMRITAが油を分解し混ざりあっているのがわかります。

通常、水と油は混ざりません。
でも、AMRITAは混ざります。
油を分解するのです。

それは、前回書きましたがAMRITAは「分子間力が強く、表面張力が少ない」からなのです。
水と油が混ざらないのは、この水と油の表面張力に差があるからなのです。

家庭で使われたAMRITAの水は、やがて川から海に流れていきます。
そして、黒潮に乗って海洋深層域に届き(水より重いので)地球の羊水の浄化を始めます。
※正確には、AMRITAは油を分解するスピードが通常の水より速いと考えるべきかと思います。太陽の光を吸収するAMRITAは、深層域でもその分解する力を発揮します。

私たちの体内も、多くのドラッグや添加物などの化学物質(石油)で汚染されています。
「海が汚染される」というは、「体内も汚染されている」ということなのです。

水より重い水

AMRITAの不思議 その2

凍ると体積が増えるということは、同じ体積で比較した場合、氷のほうが水よりも軽いということになります。飲みものに入れた氷が浮かぶのも、氷山が海の上に浮かんでいるのもそのためです。

氷山(氷)は水より軽い

 

実験

AMRITAで作った水(アムリタ水)を凍らせてみると

1. ビーカーに入れて凍らせる 2.水道水には表面に凸面が
アムリタ水(右)と水道水(左)をビーカーに30cc入れて冷凍庫で凍らせます。水道水を入れたビーカーは氷が膨張して割れてしまいました。一方、アムリタ水はほとんど膨張しませんでした。 水道水の表面を見ると、矢印の部分に凸面ができているのが分かります。普通の水は凍ると体積が約10%増えます。
3.AMRITAは表面が平ら! 4.まとめ
しかし、アムリタ水は表面に凸面がなく平らで、体積はほとんど増えません。 アムリタ水は、分子間力と呼ばれる引力が強く、水分子間の隙間が少ないために体積がほとんど増えないと考えられます。

 

それってどういうこと?

水は、凍ると体積が増えて軽くなりますのでAMRITAで作った水は水より重いってことなのです。

この普通の水よりも重いってことに次の役割があるのです。
1.アムリタ水が最終的に流れ着く先が、海洋深層水域(地球の羊水)であること。
2.アムリタ水の強い分子間力が、電磁場の影響を受けない水、スピン偏極しない水、低エントロピーの水ということ。

続きは、また次回書きたいと思います。