水より沸点が高い水

今回は、AMRITAの沸点の話です。
AMRITAは、普通の水より「沸点が高い」のです。

 

その理由は、「水より重い水」で書きましたが「分子間力」によるものです。
「分子間力と沸点」について下記のYouTubeでわかりやすく解説されていましたので、使わせていただきます。
まずは、水素結合から

AMRITAが分子間力が強いから沸点が高いということはご理解いただけたと思います。
実際に普通の水道水とAMRITAの沸点を測っていただければ、分子間力の違いを実感いただけると思います。

この分子間力は、水分子間のスクラムの強さと言えます。
AMRITAは、このスクラムの力が強い水なため、この飲むことでエントロピーの増大(スピン偏極)を抑えたり、電磁場の影響を受けないようなことができるわけです。

私たちの身体は100兆個を超える細胞から成り立っており、体重の約65%は水分です。その水分の約3分の2は、細胞内に存在し、残り3分の1は、細胞と細胞の間に存在する細胞間液と血液にあります。
水は、生命を維持するためにいろいろな使われ方をされます。
生物は、水がなければ生きていけません。
私は、「水に求められる最も重要な機能は、分子間力(水素結合)」ではないかと考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です