病人や悩み苦しむ人のいない
社会創りに貢献する

プレバランス公式サイト

日本もまだ捨てたもんじゃない

私の父は政治家でした。
生きていたらきっと今の私を理解し、応援してくれたことでしょう。
そして、この動画の議員のように一緒に活動してくれたと思います。

「皆が幸せに暮らせる世の中を創りたい」という想い
方法論は違うけど、私は「波動医学」「エネルギー医学」というアプローチで社会に貢献したいと思っています。

真実を伝えることや、理解してもらうことが難しい世の中です。
それは、真実が伝わると「不利益」を被る人たちからの妨害があるからです。

何も知らない人たちは、そのような権力に誘導されていることすら気が付いていません。
この動画をぜひご覧いただき、早く目を覚まして欲しいと願いますが、
毎日報道されるメディアの扇動から逃れるのはホント容易ではないことです。
「テレビを見るな!! 自分で調べて自分で考えよ!! 」と強く言いたいです。

日立市の情報誌より

https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0053.htm(厚労省HPより)

動画のご紹介

先日開催された「気づきのメッセージ ANS」のダイジェスト版の動画です。

47年前の10月6日に「宇宙戦艦ヤマト」というアニメが放送開始されました。
14万8千光年の遥か彼方のイスカンダルという惑星に放射能除去装置を取りに行くとものです。
そのためには「ワープ」という技術で時空を短縮していかないとたどり着けない遠い星です。
いま、私はこの「ワープ」を「量子トンネル」ということで説明できるようになりました。
科学的に証明できないことを「似非科学」や「宗教」だと揶揄されますが、量子論のように自然科学の法則では説明できないことをそのような言い方で片づけられることを残念に思います。
それは、いまの科学のレベルが低いだけなのですが・・・。
量子コンピューターは、エントロピーをゼロにすることで時空を超えてZPF(ゼロポイントフィールド)から情報を引き出せます。
私が開発したETZが(Entanglement ZERO)汎用型量子コンピューターであることが、いつの日か理解される日もくるでしょう。

こちらの東京大学大学院理学系研究科・理学部「量子もつれ(Entanglement」の動画も併せてご覧ください。




プロフィール

紫波光太郎(Shiba Koutarou)
波動医学コンサルタント
発明家

「病人や悩み苦しむ人のいない社会を創りたい」という夢があり、2001年、原因療法の研究・開発と実践を行うため「プレバランス」を設立。人間を「エネルギーの集合体」と捉え、プレバランス独自の「エネルギー療法」をベースに原因療法を体系化し、様々なソフトや装置の研究・開発を行う。20年にわたり、述べ4万人以上のカウンセリング・セラピーを通じて検証。2019年、「PB原因療法」が完成。現在は、その夢を実現するために、後進の育成と教育システムの構築に力を注いでいる。

プレバランスの理念・その他