病人や悩み苦しむ人のいない
社会創りに貢献する

プレバランス公式サイト

未来からやってきた3つの次元を繋ぐパソコン

叡天誕生秘話

ちょうど1年前の12月のことです。
私(紫波)には、自社製「パソコン」を開発したいという想いがあって、それを浜畑(エンジニア)さんと石川(オペレーター)さんとの会食のときに「ボソッ」と話したのでした。

それから、驚くほどのスピードで開発が始まり、5カ月後の2022年5月3日に「この世のパソコンとは思えない叡天(A10)」が誕生、販売されることになったのです。

なぜこのパソコンを叡天(えいてん)と呼ぶのか、詳しくは動画をごらんいただきたいと思いますが、「この世のパソコンの概念を超えたパソコン」が異次元(未来)から降ろされたということです。

叡天の隠された役割と機能

叡天は、「実」・「零」・「虚」の世界の「情報」を管理するパソコンで、それらの世界を繋ぐデバイスとしてETZクラウドやシュリヤントラが叡天に装備されています。
:現実の世界 :ゼロポイントフィールド :パラレルワールド
文章では説明しきれないので、ぜひ下記の動画をご覧になってください。(笑)

発明者、技術者、オペレーターの3人による叡天説明会動画

一人でも多くの方に、この未来からやってきたパソコンが届くことを願っております。

プロフィール

Siva光太郎
AMAプロジェクトリーダー

私Siva光太郎は、2001年に「病人や悩み苦しむ人のいない社会創りに貢献する」という理念でプレバランスを設立し、人々の自己の可能性を引き出し、アセンションに導くことをミッションとしています。
私は、アセンションには「智慧」「覚醒」「カルマの解消」の3つが必要と考え、量子医学をベースにしたPB量子療法やPB医療占星術を推進し、これらに必要なデバイスやソフトウェアを開発してきました。また、40,000人以上へのカウンセリングとセラピーを行い、年間150回以上の教育講座を開催しています。
こうした豊富な経験と智慧を活かし、私はAMAプロジェクトリーダーとしてご縁のある方々をアセンションへと導くことに取り組んでいます。プレバランスでは、心と魂の量子レベルでの調和を目指し、AMAプロジェクトなどを通じて、より良い社会の実現を目指しています。
※AMA:アセンションマスターアカデミーの略称で通常「アマ」と呼びます。

Instagramはじめました!!フォローよろしくお願いいたします。

話題の動画