病人や悩み苦しむ人のいない
社会創りに貢献する

プレバランス公式サイト

妊娠とプロトンスピノミクス理論

受精のメカニズムにおける電磁気的要因の可能性

1. pHとイオンの役割

膣内のpHとイオン濃度の変化が精子と卵子の出会いに与える影響は非常に重要です。

  • 膣内の酸性環境:通常時の酸性環境は、病原菌の侵入を防ぐための防御機構として機能し、精子の運動性を抑制します。
  • 排卵時のアルカリ性環境:排卵期には、膣内のpHがアルカリ性に近づくことで、精子の運動性が向上し、子宮頸管を通過しやすくなります。

2. 電磁気的なバリアの低減

私Siva光太郎のプロトンスピノミクス理論に基づくと、膣内の酸性環境が中和されることで、精子と卵子の間の電磁気的なバリアが低減され、精子が卵子に向かって進むことができるという仮説が立てられます。

  • イオンの影響:酸性環境では高濃度のH+が存在し、電場を形成します。アルカリ性環境になると、H+の濃度が低下し、電場の強度が弱まります。
  • 電場の変化:電場が弱まることで、精子が卵子に向かって進む際の障壁が減少し、精子の運動がスムーズになる可能性があります。

3. 実証の必要性

現時点では、この仮説は理論上の可能性は高く、受精のメカニズムを理解する上で新たな視点を提供するものです。
さらに研究を進めることで、この仮説がより具体的に実証される可能性があります。

第1回 女性のためのAMA講座「不妊」では、排卵期と膣内のpHやプロトンスピノミクス理論に基づく不妊治療法などを詳しく解説いたします。

プロフィール

Siva光太郎
AMAプロジェクトリーダー

私Siva光太郎は、2001年に「病人や悩み苦しむ人のいない社会創りに貢献する」という理念でプレバランスを設立し、人々の自己の可能性を引き出し、アセンションに導くことをミッションとしています。
私は、アセンションには「智慧」「覚醒」「カルマの解消」の3つが必要と考え、量子医学をベースにしたPB量子療法やPB医療占星術を推進し、これらに必要なデバイスやソフトウェアを開発してきました。また、40,000人以上へのカウンセリングとセラピーを行い、年間150回以上の教育講座を開催しています。
こうした豊富な経験と智慧を活かし、私はAMAプロジェクトリーダーとしてご縁のある方々をアセンションへと導くことに取り組んでいます。プレバランスでは、心と魂の量子レベルでの調和を目指し、AMAプロジェクトなどを通じて、より良い社会の実現を目指しています。
※AMA:アセンションマスターアカデミーの略称で通常「アマ」と呼びます。

Instagramはじめました!!フォローよろしくお願いいたします。

話題の動画