地震予知研究会

研究内容

「体感」として地震を予知する能力をエネルギー医学的に研究する。

体感としては、地震発生前の数日前に、頭痛、めまい、吐き気、頻尿などの症状があり、発生直前には症状は収まる。
<メモ>膀胱・腎臓経(恐怖)、大脳皮質

体感による地震予知の精度は高く、エネルギー医学的な根拠を示せれば、地震予知の一つの選択として社会貢献できるのではないかと考える。

また、「磁場変動が健康に与える影響」として住環境の問題に応用できると考える。

 

具体的な取り組み

勉強会にてディスカッションし、決めていく。