祈りのセラピーとは

究極のセラピーに辿り着いた

同じように苦しむ人の力になりたい

今から30年前、私の人生でこれほど辛い時期はありませんでした。
父親を奇病で亡くし、看病疲れの母は難病のリウマチで動けなくなりました。結婚してまもなく妻は進行性のガンになり、生まれた子どもはアトピーと喘息で苦しみました。このように私を除くすべての家族が病気になってしまいました。また、新築した家ではすべての植物は枯れてしまう怪現象。このようなことが7年半続きました。後にこの期間がサディサティ(魔の7年半)という期間であったことをインド占星術で知りました。

私は、サラリーマン(エンジニア)を辞めて、このような苦しむ家族を救いたいと思い(自分も辛かったから)治療家に転身しました。
そして、ありとあらゆる治療法や技術(インド占星術、科学風水、気功、チャネリング、レイキ、アーユルヴェーダ等々)を習得し、家族を救うことができました。

そのとき思ったのです。
世の中には、同じように苦しんでいる人がたくさんいるはずだと。
そして、私が身に着けた知識や技術でそのような人たちを助けるお手伝いができるのではないかと。

 

プレバランスを創る

2001年、私は「この世から病人や悩み苦しむ人がいない社会を創る」を目的とした有限会社プレバランスを設立しました。
その後もこの目標を達成すべく、様々な治療法や技術、智慧の習得と商品開発を行ってきました。

 

究極の祈りのセラピー

そして、最後に辿り着いたものが「祈りのセラピー」でした。
私は、この祈りのセラピーをおこなえる「祈りのセラピスト」が世の中に増えればこの世に「病人や悩み苦しむ人のいない社会を創ることができる」と確信したのです。

祈りのセラピーと祈りの違い

祈りのセラピーと祈りの違いは何かといえば、祈りのセラピーはエンジェル3という祈りのデバイス(装置)を使います。

このデバイスには、祈りの効果を格段に高める数々の仕組みが備わっています。
祈りは誰でもできますが、高僧レベルのご祈祷は誰でもできるものではありません。

 

高僧が行ってきたご祈祷

エンジェル3は、誰もがご祈祷をおこなうことができ装置として開発しました。
昔は、病気や悩みは僧侶や神官などにお願いすることが主流でした。ご祈祷による治癒率は7割近くあったということですので、その効果は現在の医療の治癒率(3割程度)を考えると驚くべきものです。
私は、高僧が行っていたご祈祷の力を身に着けるための装置としてエンジェル3を開発しました。
そのような力を身に着けた高僧になるには、たくさんの修行と知恵と技術を習得する必要があると思いますが、私が開発したエンジェル3を使えば「人を救いたいという強い想い」があればどなたでもサイキックな力を身に着けることができます。
治癒率の高いこのデバイスが世の中に普及すれば、たくさんの病気や悩み苦しむ人を助けることができると思っております。
まずは、エンジェル3とはどのようなものなのか、無料説明・体験会でご自身でご確認いただければと思います。
また、実際に祈りのセラピーをやってみたい方は、こちらの祈りのセラピー代行受付からお申し込みください。

無料体験会 ➡

祈りのセラピー代行受付 ➡