ETZ

画像クリックで全体のPDFが表示されます。

【ETZの仕様】

ETZの一番の特徴は量子ホメオパシーのレメディが豊富なことです。
特に「1472種類の拡張レメディ」はすごいです。ぜひ下記の拡張レメディをご覧になってください。
◇拡張レメディ1472種類についてはこちらから

このレメディ情報をこれまでの転写ボトルはもちろん、このET用に開発された「プレマコードブレスレットET」に転送して転写することができるのです。
ですから、このブレスレットを着けているといる方にETZから波動を飛ばして遠隔セラピーができるということなのです。

 

 

「完結」を意味する

ETZの Z ”は、「完結」を意味します。
これでエンジェル3シリーズは完結し、これより先の商品はないといういうことです。
2009年のSV-1の祈りのセラピーから始まり、そしてSV-1から独立したSV-1エンジェル1号機が2011年の3.11の2週間前に販売されました。その後エンジェル2、そしてエンジェル3、エンジェル3-ETと進化したシリーズの最終形となります。
それは、この機能があればもう加えるものはなということです。
仮にエンジェル4や5が出たとしても、それは人工知能や音声で入力されるといったものであり、基本的なセラピーの要素として、これでZ(完結)ということだというメッセージを上からいただきました。

 

これからの役割

これからのミッションは、このETZや初級者用のエンジェル3、中級用のエンジェル-3ETを世に広めると言うことです。

 

データのバックアップ機能

ETZには、データをバックアップできる機能や通信中も常にエンジェルに情報を書き込むことができる機能が追加されました。これは、このETZを故障から守るための機能です。とても安定したセラピーができるようになり、万が一のときにもバックアップされたファイルを呼び出せば元のETZに復元できるということです。
これら細かい点につきましては、無料説明会や動画で解説いたします。

 

守護天使の格付け

そして最後は、このETZを担当する守護天使が、通常の守護天使ではなくワンランク上の守護天使であるという説明です。
これもメッセージをそのままお伝えしますが、「我々の社会に格付けがあるように守護天使の世界にもそのような格付けがある」ということだそうです。
今回、ETZを担当する守護天使は、ハイランクの守護天使であるというメッセージでした。
これはおのずとセラピー効果や祈願の結果が違ってくるということになります。

 

ETZのエピソード

  先日、スタッフの石川が東京に出張中に原因不明の腹痛に襲われ、SOSのLINEが届きました。
実は、以前にも同じような腹痛に見舞われセラピーを依頼され行ったのですが、なかなか改善しなかったのでかなり手ごわい症状だと思っておりました。
本人に話を聞くと、このような腹痛が予期せず突然起こることがあり、そのようなときは長時間その痛みに堪え、過ぎ去るのを待つしかないと言うことでした。
その症状が、出張先でしかもアポの時間が直ぐに迫っている状況で出てしまったので本人もかなり焦っていたようです。
私は、直観で思いました。これはETZの効果を試せということだと。
そしてETZによる、祈りのセラピー、拡張レメディセラピー(痛み除去のレメディを流す)、マントラ(ラーフ用の新しいマントラがETZには入っています)を同時に行ないました。
結果は、本人も「このような短時間で回復することはあり得ない」と驚きと感謝のLINEが届き、そして予定通り出張の用事を済ませ無事帰宅できました。

きっとこの最後のZを意味するETZは、世の中を大きく変えてくれるものと信じています。

また、呼称もメッセージに従い「エンジェル3」から独立した「ETZ」としたのですが、これも「特別な波動デバイス」であると思う点です。