『運命の赤い糸』の正体が判った!?

今日は、『運命の赤い糸』の正体について書きます。
ご存知の方も多いと思いますが、私は、「PB結婚・人間関係相談所(PBMS)」の事業も行なっています。
PBMSでは、『会員の方のお相手に、何とか「運命の人」を探しだしてご紹介できないか』と考えております。
相変わらず、不思議の最先端をいくプレバランスですが、私がブログに書いたり話したことは実際にできること(できたこと)ばかりですから、真面目に読んでいただきたいと思います。

まず、この「運命の赤い糸伝説」ですが、この伝説は全世界にあります。
「龍」も呼び方は違いますが、その存在を信じる話は全世界にあります。
このように「全世界で語られているものは、実際に存在する」というのが、私の考えです。
ですから、「運命の赤い糸は必ず存在する」と考えています。
以前、龍の存在については、龍神を呼び寄せる方法やマントラをブログで紹介しました。
今回は、この龍と同じように「運命の赤い糸の正体」について研究した結果のご報告となります。

いきなり、核心について書きますが、運命の赤い糸の正体は、ずばり「量子もつれのひも」だと考えています。

「量子もつれ」とは、空間的に離れた二つの量子状態が影響し合う現象をいいます。これをエンジェル3のセラピーや遠隔転写で利用しているわけですが、この二つに分かれた量子は、多くの“ひも”でつながっているのです。

この量子間をつなぐ「ひも」こそが「赤い糸」の正体です。


では、運命の人を決め赤い糸を結ぶのは誰かってことです。
それはエンジェルの仕事なのです。
そのエンジェルは、「キューピット」という名前で知られていると思います。

プレバンス日立本店のエンジェルたち

例えば、ETZで遠隔転写をできるようにするためにプレマコードブレスレットET(今後はETブレスレットと呼びます)と「ぺアリング」という作業を最初におこないます。
この作業で、ETZとETブレスレットとを量子もつれさせるのですが、この作業に関わるのがETZを担当するエンジェル(キューピット)なのです。

以上は今朝、私のエンジェル届いたメッセージですが、そこで思いつくのが、このぺリングしたETブレスレットを自分以外の相手に付けてもらったら・・・。
そうなんです。
これで赤い糸がその人と結ばれるってことですね。

私は、「この遠隔転写ができるエンジェル3(ETとETZ)と前世もわかるプレバランス占星術などを使って、運命の相手探しができないか」といろいろその方法を模索中です。

今回のブログのように、手ごたえは感じていますので、近いうちにその方法を公開することができると思います。
「運命の赤い糸を使ってパートナーを見つける方法」とかいう講座を開催したいですね。(笑)
これができたら、結婚相談所はえらいことになりそうです。(笑)

でも、私本気ですよ。

 

ETZを購入またはETZへの乗り換えによる「ETブレスレットのサービスキャンペーン」は本日(5月31日)終了となります。

LINE会員は登録は「無料」で年会費もかかりませんのでお気軽にご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です