花粉症もイジメも同じアレルギー反応

今回は、3月1日に開催されます「対人アレルギーの量子療法」の資料を一部使用して「花粉症」と「イジメ」などの人間関係のトラブルも同じアレルギー反応として起こっていることをお伝えします。

まず、花粉症のメカニズム

花粉症の人は、花粉のタンパク質に免疫が反応していますが、量子的にみれば花粉のタンパク質の「周波数」の反応しています。
量子療法は、そのタンパク質に対する減感作をおこない花粉を受容できるようにします。

新型コロナウイルスに関しても、「ウイルスに対する強い感作が生じて社会全体がアレルギー状態にある」と言っていいでしょう。
そして、感染した人が「アレルゲン」のような扱いとなっているネット上の心無い書き込みなどをみると残念に思います。

寛容

対人アレルギーの量子療法では、花粉症などのアレルギーの改善方法は「寛容」だと考えております。
人間関係のトラブルもまったく同じで、社会から「寛容さ」が失われている現れと言えます。
これらの問題を、どのように量子療法で行うのかを詳しく解説いたします。

受講のお申し込みは、こちらからお願いいたします。

2月27日(木)が申込締め切りとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です