運命の開運法

運命の開運法
「処方」について

運命を好転させる開運法「処方」について解説いたします。

運命を病気に例えてみましょう。
まず、「健康=幸運」 「病気=不運」 とざっくり考えてみます。
処方とは、病気を改善するための様々な「お薬」のことです。
これを運命に当てはめますと
運命の処方とは、「不運な状況を改善する運命用のお薬」ということです。
※プレバランス占星術では、不運期をホロスコープから予測し、不運が起こらないようにする(軽減する)「予防の処方」も行います。

 

処方の流れ

1⃣ ホロスコープの分析
処方をするためには、まずホロスコープを分析する必要があります。病院で言えば検査に相当します。

ホロスコープ(出生時の天体配置図)

高度な知識とたくさんのリーディングの経験を積んだアストロロジャー(占星術師)は、ホロスコープから、病気になりやすい部分(弱点)や病気(不運な運命)の原因、病気を発症しやすい(運気が低迷する)時期などを正確に分析することができます。

2⃣ 有効な処方を選択する
原因がわかれば病気を治すことができるように、ホロスコープから不運な運命やその時期がわかれば、改善と予防はできます。
それが処方です。
ホロスコープからどのような「処方を施すのかが、アストロロジャーの良し悪しが決まる」といっても過言ではないと思います。
運命を言い当てたとしても、不運な運命を好転させられないのでは、「ただの占い師」です。
しっかりと処方できるようになって「一人前のアストロロジャー」
と言えると思います。

運命の処方は、大きく分けると次の3つです。
<運命の3大処方>
⑴ 宝石・パワーストーン
⑵ マントラ
⑶ ヤントラ

3⃣ 処方をおこなう
処方が決まったら、次は具体的な処方です。
続きは、次のリンクで説明いたします。

宝石・パワーストーン 
マントラ 
ヤントラ 

 

「鑑定」は下記からお申込み下さい