宝石の処方

宝石の処方

宝石は、医療や占星術でしばしば処方として使われます。たとえばバースマー(宝石の粉)は、アーユルヴェーダにおいてたいへんよく使われています。占星術の処方としての宝石は、指輪やペンダントに組み込まれるようなかたちで使用されますが、宝石が直接肌に触れなければ効果が期待できません。ただし、ダイヤモンドは例外です。

プレバランスのリングには、プレママークが刻印され処方された方をずっと守護します。

惑星と宝石

ルビーは日(太陽)の神の宝石です。

きらめく真珠は、冷たい月の宝石です。

赤珊瑚は、火星の宝石です。

エメラルドは、高貴な水星の宝石です。

イエロー・サファイヤは、神の師である木星の宝石です。

ダイヤモンドは、悪魔の師である金星の宝石です。

ブルー・サファイヤは、土星の宝石です。

ヘソナイトは、ラーフの宝石です。

キャッツ・アイは、ケートゥの宝石です。

 

太陽の宝石:ルビー

ルビーは、シュックラ・パクシャ(新月→満月)の日曜日・月曜日・木曜日に購入してください。
ルビーは、1.77カラット以上なければならず、傷があってはいけません。

指輪を身につけるベストの時間帯は、日の出です。身につける前にしばらくの間、指輪を牛乳に浸してください。ガンジス川の水、あるいはアムリタ水や銅の水差しにためておいた水で洗ってください。太陽のヤントラが描かれた赤い布でくるんでください。この赤い布にヤントラを描くとき、サンダルウッドのペーストか、ターメリックと石灰粉の混ぜものを使います。銅板に浮き彫りされた太陽神のヤントラか、あるいは金でできた太陽神の像を50グラムの銀製の座にすわらせて、僧侶が太陽の儀式を行います。太陽の像を使う場合、僧侶に頼んで護摩を焚きます。しかし、太陽の像の代わりにヤントラを使用する場合、僧侶は要りません。自分で儀式をやってかまいません(護摩を焚く必要はありません)。ヤントラは、東に向くように置きます。指輪は、赤い布の上にある太陽神の像あるいはヤントラの前に据えます。そして花とお香をヤントラに供えます。

ヤントラと指輪に対して、太陽神のマントラを108回か7000回唱えます。

Om GrrNi Suryay Namah

オーム・グルニ・スーリヤーヤ・ナマハ

 

 

【見積】
見積もり希望される場合は、下記フォームよりお願いいたします。

見積もりをする宝石
ルビー真珠赤珊瑚エメラルドイエローサファイアダイヤモンドブルーサファイアヘソナイトキャッツアイその他

ご予算
30万円以内30~60万円60~120万円お任せする

 

 

月の宝石:真珠

本物の真珠には次のような特徴があります。
・月のように白く輝く
・完璧な球形をしている
・密度が高い
・ツヤ、輝く、反射
・スムーズで、目で見ても心地よい
・傷や汚れがなく、不純物を含まない

上記の条件を満たす真珠を身につけると、幸運とラクシュミー女神(繁栄の女神)の祝福、長寿、知性、活力に恵まれ、罪を犯すことはありません。

黄色いツヤのある真珠は、繁栄をもたらします。赤みがかかった真珠は、知性をもたらします。白く輝く真珠は名声をもたらし、青っぽい真珠は幸運をもたらします。もちろん自然の真珠は養殖された真珠よりも効果があります。

真珠は、シュックラ・パクシャ(新月→満月)の月曜日に購入して下さい。日曜日や木曜日に購入してもかまいません。しかし土曜日に購入しないでください。月がプシャヤ、ローヒニー、ハスタ、シュラヴァナにある月曜日か日曜日に、真珠を購入し、セットし、身につけ始めるのが理想です。
真珠は、0.59カラット以上なければなりません。2,4,6,11カラットでもかまいませんが、7,8カラットは避けてください。金属は銀を使って下さい。
真珠が指に触れることができるよう、台座の底の部分は開けて加工してください。

指輪を身につけるベストの時間帯は、夕方です。身につける前にしばらくの間、指輪を牛乳に浸してください。ガンジス川の水、あるいはアムリタ水や銅の水差しにためておいた水で洗ってください。月のヤントラが描かれた白い布にくるんでください。この白い布にヤントラを描くとき、白いサンダルウッドのペーストか、ターメリックと石灰粉の混ぜものを使います。銅板に浮き彫りされた月の神のヤントラか、あるいは銀でできた月の神の像(40グラムか44グラムか84グラム)を、この白い布の上の銀の台座(4グラムか7グラム)に置き、僧侶が月の儀式を行います。月神の像を使う場合、僧侶に頼んで護摩を焚きます。

儀式が終わったら、ミルクと米とココナツパウダーでできたお菓子を僧侶に捧げます。しかし、月神の像の代わりにヤントラを使用する場合、僧侶は要りません。自分で儀式をやってかまいません。(護摩を焚く必要はありません)。ヤントラも月の像も、北西に向くように置きます。指輪は、白い布の上にある月神の像あるいはヤントラの前に捉えます。そして花とお香をヤントラに供えます。

ヤントラと指輪に対して、月の神のマントラを108回か11,000回唱えます。

Om Aim Kleem Somay Namah

オーム・アイーム・クリーム・ソーマーヤ・ナマハ

【見積】
見積もり希望される場合は、下記フォームよりお願いいたします。

見積もりをする宝石
ルビー真珠赤珊瑚エメラルドイエローサファイアダイヤモンドブルーサファイアヘソナイトキャッツアイその他

ご予算
30万円以内30~60万円60~120万円お任せする

 

火星の宝石:赤珊瑚

良質の赤珊瑚には次のような特徴があります。

  • 深紅
  • 凹凸がなくて平坦
  • 丸型あるいは楕円形
  • 輝き、はちみつのようなやさしい香り
  • 穴やくぼみがない
  • 大きく、厚みがある
  • なめらか
  • 普通の珊瑚よりも重め

上記の条件を満たすなら、朱色や錆のような赤色や茶色っぽい珊瑚でも効果を発揮します。

赤珊瑚を身につけると、幸運に恵まれ、悪霊・幽霊に憑依されることがなく、悪夢にうなされず、嵐や雷に打たれることもありません。数珠をもってマントラを108回唱えてください。

赤珊瑚は、シュックラ・パクシャ(新月→満月)の火曜日に購入してください。指輪は、珊瑚が指に直に触れるようにデザインしてください。6カラット以上で、9や11カラットでもOKです。
火曜日で月が蠍座にあるときはたいへん縁起がいいです。身につけるのに適した時間帯は、日の出から1時間たってから午前11時までです。

身につける前にしばらくの間、指輪を牛乳に浸してください。ガンジス川の水、あるいはアムリタ水や銅の水差しにためておいた水で洗ってください。火星のヤントラが描かれた赤い布にくるんでください。この赤い布にヤントラを描くとき、赤いサンダルウッドのペーストか、サフラン、牛の角から採取した赤いカルシウム粉をインクとして使います。銅板に浮き彫りされた火星神のヤントラか、あるいは銅でできた火星神の像を、この赤い布の上に置き、僧侶が火星の儀式を行います。火星神の像を使う場合、僧侶に頼んで護摩を焚きます。儀式が終わったら、ミルクと米とココナツパウダーでできたお菓子を僧侶に捧げます。しかし、火星神の像の代わりにヤントラを使用する場合、僧侶は要りません。自分で儀式をやってかまいません(護摩を焚く必要はありません)。その際、南に向かって座してください。指輪は、赤い布の上にある火星神の像あるいはヤントラの前に捉えます。ギ―の灯明を捧げ、花とお香とティラックとお菓子をヤントラに捧げてください。

ヤントラと指輪に対して、火星神のマントラを108回か10,000回唱えます。

Om Hoom Shreem Mangalaya Namah

オーム・フーム・シュリーム・マンガラーヤ・ナマハ

【見積】
見積もり希望される場合は、下記フォームよりお願いいたします。

見積もりをする宝石
ルビー真珠赤珊瑚エメラルドイエローサファイアダイヤモンドブルーサファイアヘソナイトキャッツアイその他

ご予算
30万円以内30~60万円60~120万円お任せする

 

水星の宝石:エメラルド

良質なエメラルドには次のような特徴があります。

  • むらのない濃い緑色
  • どんな光に対してもツヤと色の質が変わらない
  • 輝き
  • 手に持ってみて密度が高いと感じられる
  • 透明である(上質のエメラルドはダイヤより高価)
  • なめらかで見ていてたのしく、平安なバイブレーションを発し、心休まる
  • なめらかな仕上がり
  • どこから見ても光るようなカット

上質なエメラルドは透明で、濁りがなく、蓮の葉の雫のように純粋で、陽の下であらゆる角度からみてもツヤがあるとされています。深緑のエメラルドは統治者や支配者に向いています。黄色がかったエメラルドはビジネスに携わる人に向いています。ダーク・グリーンのエメラルドは人に仕えるタイプの人に向いています。

エメラルドは、シュックラ・パクシャ(新月→満月)の水曜日に購入してください。
エメラルドは、1.5カラット以上(3ラッティカ以上)で、午前中の間に金の指輪に装着するようにしてください。指輪は、エメラルドが指に直に触れるようにデザインしてください。

身につけるのに適した時間は、日の出の2時間前です。身につける前にしばらくの間、指輪を牛乳に浸してください。ガンジス川の水、あるいはアムリタ水や銅の水差しにためておいた水で洗ってください。水星のヤントラが描かれた緑の布にくるんでください。この緑の布にヤントラを描くとき、赤いサンダルウッドのペーストか、サフランをインクとして使います。青銅板に浮き彫りされた水星神のヤントラか、あるいは青銅でできた水星神の像を、この緑の布の上に置き、僧侶が火星の儀式を行います。水星神の像を使う場合、僧侶に頼んで護摩を焚きます。儀式が終わったら、ミルクと米とココナツパウダーでできたお菓子を僧侶に捧げます。しかし、水星神の像の代わりにヤントラを使用する場合、僧侶は要りません。自分で儀式をやってかまいません(護摩を焚く必要はありません)。指輪は、緑色の布の上にある水星神の像あるいはヤントラの前に捉えます。ギ―の灯明を捧げ、花とお香とティラックとお菓子をヤントラに捧げてください。
ヤントラと指輪に対して、水星神のマントラを108回か4,000回唱えます。

Om Braam Breem Broum Sah Bhudhaya Namah

オーム・ブラーム・ブリーム・ブローム・サハ・ブッダーヤ・ナマハ

【見積】
見積もり希望される場合は、下記フォームよりお願いいたします。

見積もりをする宝石
ルビー真珠赤珊瑚エメラルドイエローサファイアダイヤモンドブルーサファイアヘソナイトキャッツアイその他

ご予算
30万円以内30~60万円60~120万円お任せする

 

木星の宝石:イエローサファイア

良質なイエロー・サファイヤには次のような特徴があります。

  • 手に持ってみて密度が高いと感じられる
  • ビロードのようになめらかで、肉眼で見てもわかる
  • 透明で、純粋
  • 表面に凹凸がない
  • 色にむらがない
  • 硬い
  • 自分で光を発する
  • 肌さわりがなめらか
  • かたちが整っている
  • 見ていて心地よい

イエロー・サファイヤは、シュックラ・パクシャ(新月→満月)の木曜日に購入してください。
イエロー・サファイヤは、1.5カラット以上(3ラッティカ以上)で、同日中に金の指輪に装着するようにしてください。指輪は、イエロー・サファイヤが指に直に触れるようにデザインしてください。

身につけるのに適した時間は、早朝です。身につける前にしばらくの間、指輪を牛乳に浸してください。ガンジス川の水、あるいはアムリタ水や銅の水差しにためておいた水で洗ってください。木星のヤントラが描かれた黄色い布にくるんでください。この黄色い布にヤントラを描くとき、roliをインクとして使います。銀板に浮き彫りされた木星神のヤントラか、あるいは金でできた木星神の像を、この黄色い布の上に置き、僧侶が木星の儀式を行います。

木星神の像を使う場合、僧侶に頼んで護摩を焚きます。儀式が終わったら、ミルクと米とココナツパウダーでできたお菓子を僧侶に捧げます。しかし、木星神の像の代わりにヤントラを使用する場合、僧侶は要りません。自分で儀式をやってかまいません(護摩を焚く必要はありません)。指輪は、黄色い布の上にある木星神の像あるいはヤントラの前に捉えます。ギ―の灯明を捧げ、花とお香とティラックとお菓子をヤントラに捧げてください。

ヤントラと指輪に対して、木星神のマントラを108回か19,000回唱えます。

Om Graam Greem Graum Sah Gurve Namaha

オーム・グラーム・グリーム・グローム・サハ・グラヴェー・ナマハ

【見積】
見積もり希望される場合は、下記フォームよりお願いいたします。

見積もりをする宝石
ルビー真珠赤珊瑚エメラルドイエローサファイアダイヤモンドブルーサファイアヘソナイトキャッツアイその他

ご予算
30万円以内30~60万円60~120万円お任せする

 

金星の宝石:ダイヤモンド

ダイヤモンドは、シュックラ・パクシャ(新月→満月)の金曜日に購入してください。
ダイヤモンドは、0.6カラット以上(1ラッティカ以上)で、銀か白銀かプラチナを用いてください。できるなら、1カラットあるいは1.5カラットのダイヤモンドを使って下さい。
指輪は、ダイヤモンドが指に直に触れるようにデザインしてください。

身につけるのに適した時間は、プシャヤーの午前中です。身につける前にしばらくの間、指輪を牛乳に浸してください。ガンジス川の水、あるいはアムリタ水や銅の水差しにためておいた水で洗ってください。金星のヤントラが描かれた白い布にくるんでください。この白い布にヤントラを描くとき、お米のペーストにサフランを少し混ぜたものをインクとして使います。銀板に浮き彫りされた金星神のヤントラ(7グラム)か、あるいは銀でできた金星神の像を、この白い布の上に置き、僧侶が金星の儀式を行います。金星神の像を使う場合、僧侶に頼んで護摩を焚きます。儀式が終わったら、ミルクと米とココナツパウダーでできたお菓子を僧侶に捧げます。しかし、金星神の像の代わりにヤントラを使用する場合、僧侶は要りません。自分で儀式をやってかまいません(護摩を焚く必要はありません)。指輪は、白い布の上にある金星神の像あるいはヤントラの前に捉えます。ギ―の灯明を捧げ、花とお香とティラックとお菓子をヤントラに捧げてください。

ヤントラと指輪に対して、金星神のマントラを108回か16,000回唱えます。

Om Draam Dreem Droum Sah Shukraya Namha

オーム・ドラーム・ドリーム・ドローム・サハ・シュックラーヤ・ナマハ

【見積】
見積もり希望される場合は、下記フォームよりお願いいたします。

見積もりをする宝石
ルビー真珠赤珊瑚エメラルドイエローサファイアダイヤモンドブルーサファイアヘソナイトキャッツアイその他

ご予算
30万円以内30~60万円60~120万円お任せする

 

土星の宝石:ブルーサファイア

ブルー・サファイヤは、シュックラ・パクシャ(新月→満月)の土曜日に購入してください。
ブルー・サファイヤは、4ラッティカ(2.4カラット)以上で、5ラティカ(2.59カラット)か6ラティカ(4.13カラット)が良いとされています。できるなら、1カラットあるいは1.5カラットのブルー・サファイヤを使って下さい。
指輪は、土曜日、あるいは土星が上述したナクシャトラをトランジットするときに作るのが好まれます。宝石は、購入したその日のうちに指輪に装着するのが好ましいとされます。土星は水星と金星と友好なので、エメラルドとダイヤモンドと一緒に作ることもできます。指輪は、ブルー・サファイヤが指に直に触れるようにデザインしてください。

身につけるのに適した時間帯は、夕方です。土曜日、あるいは土星が上述したナクシャトラをトランジットしているあいだにしばらくの間、指輪を牛乳に浸してください。ガンジスの川、あるいはアムリタ水や銅の水差しにためておいた水で洗ってください。そして土星のヤントラが描かれた黒い布にくるんでください。この黒い布にヤントラを描くとき、赤いサンダルウッドや米のペーストやroliを少し混ぜたものをインクとして使います。そして鉄板や銅板に浮き彫りされた土星神のヤントラを水で洗い、清潔な黒か緑か白い布で拭きます。そしてティクラをヤントラと指輪につけたあと、この黒い布の上に置き、プージャを行います。指輪は、黒い布の上にあるヤントラの前に据えます。ギ―の灯明を捧げ、花とお香とお菓子をヤントラに捧げてください。
ヤントラと指輪に対して、土星神のマントラを108回か23,000回唱えます。

Om Shan Shanecharaya Namah

オーム・シャム・シャネーシュチャラーヤ・ナマハ

【見積】
見積もり希望される場合は、下記フォームよりお願いいたします。

見積もりをする宝石
ルビー真珠赤珊瑚エメラルドイエローサファイアダイヤモンドブルーサファイアヘソナイトキャッツアイその他

ご予算
30万円以内30~60万円60~120万円お任せする

 

ラーフの宝石:ヘソナイト

本物のヘソナイト(オレンジガーネット)には次のような特徴があります。

【意味と効果】
○生命力を高める
○エネルギーの正常化、循環
○肉体と精神とに持久力とパワーを与える
○肉体表現を高める
○血液に関連する臓器を強化する
○グラウンディング

その他詳細は、こちらの「天然石意味辞典」を参照ください。
指輪に対して、ラーフ神のマントラを108回か23,000回唱えます。

Om Raam Rahve Namaha

オーム・ラーム・ラーハヴェー・ナマハ

【見積】
見積もり希望される場合は、下記フォームよりお願いいたします。

見積もりをする宝石
ルビー真珠赤珊瑚エメラルドイエローサファイアダイヤモンドブルーサファイアヘソナイトキャッツアイその他

ご予算
30万円以内30~60万円60~120万円お任せする

 

ケートゥの宝石:キャッツアイ

本物のキャッツアイには次のような特徴があります。
【意味と効果】
○邪気や悪意をもった人を寄せ付けない
○直観力を高める
○正しい判断力と明晰な考えを示す
○思いやりや寛大さ、信頼性、創造性に影響を与える
○ストレス発散、癒しを与え、ポジティブなメンタルティへ導く

女性特有の病気や腸の弱い症状をなおしてくれる効果があるとされる

指輪に対して、ケートゥ神のマントラを108回か23,000回唱えます。

Om Hreem Ketave Namah

オーム・フリーム・ケータヴェー・ナマハ

【見積】
見積もり希望される場合は、下記フォームよりお願いいたします。

見積もりをする宝石
ルビー真珠赤珊瑚エメラルドイエローサファイアダイヤモンドブルーサファイアヘソナイトキャッツアイその他

ご予算
30万円以内30~60万円60~120万円お任せする