信じる必要はありません

20年、運命(占星術)の研究をしてきました。
もう、疑う余地ががありません。
「運命は、ほぼ決められています」

その証拠ですが、それは「PB占星術」を受講されてご自身や家族、友人の運命を自分で調べることで納得いただけると思います。
繰り返しますが、
「運命は、ほぼ決められています」

そして運命は変えられます。
運命が変えられるという証拠や実感は、「運命が決められていることを把握(理解)できないともてません。」

当然のことですよね。
これからの運命が分析できていなければ、処方によって改善できたのか、それも運命通りなのかの判断はつきません。

私は、この運命が「運命の処方によって変化するのかどうか」も20年研究してきたのです。

運命を医療に例えれば、「その薬で本当に病気が治るのか」を20年かけて効果の確認を行ってきたということです。

現代社会は、情報が氾濫しています。
その中で本物の情報を探すことは容易なことではありあません。

「人の言うことを鵜吞みにしてしまう人」がいます。
相手が、権威のある人やメディアの情報であれば簡単に信じてしまう人が本当に多いですよね。

問題なのは、鵜吞みの情報を自分で確認しないで「人に伝えてしまうこと」です。
最低でも自分や家族や友人などに協力してもらい、その情報が本当かどうかの検証をおこなってください。

その情報が本当でなければ伝えてはいけません。
その情報が、いい加減なもので結果が出なければ、相手に損害(健康や経済的)を与えてしまうことがあります。
そして、あなた自身の信用も失うことになるでしょう。

ノーベル賞を受賞された「本荘佑(ほんじょうたすく)先生」が、記者会見で次のように言っておられました。(抜粋)

簡単に信じない。
雑誌「サイエンス」や「ネイチャー」に出ているものの9割はウソ。
10年経って残っているものは1割程度。
自分の目で確信ができるまでやる。
自分の頭で考えて、納得するまでやる。
これが私のサイエンスに対するやり方。
小中学生に対して、
何か知りたい、
不思議だなという心を大切にする。
教科書に書いてあることを信じない。
常に疑いを持って、
本当はどうなっているんだろうという心。
自分の目で物を観る。
そして納得するまであきらめない。
私は、まさにこのようなスタンスで独自の医療を20年研究してきました。
信じてきたのは、大天使プレマからのメッセージとその情報を基に開発してきた様々なアイテムと技能を実践してきて得られた結果だけ。
皆さんにも強く言いたいのです。
私やプレバランスを信じる必要はありません。
自分で本当かどうか確認してみてください。
今日は、これから「祈りのセラピスト養成講座」が水戸会場であります。
祈りで病気や悩みが改善することなんて信じられないと思います。
でも、否定する前に「ご自身で祈りのセラピーをやってみてください」
私の言っていることが本当がどうか、ご自身で確かめてみてください。
運命が決められていることなんて信じられないと思います。
でも、否定する前に「ご自身でやってみてください」
私の言っていることが本当がどうか、ご自身で確かめてみてください。
今後も様々な信じられないような講座や講習会を行っていきます。
詳しくは、勉強会&講座日程(9月~11月)をご覧ください。

こちらをクリックください。