厄払いと損失の12室


12室は、損失のハウスです。
病院のハウスでもありますので、病気や事故によって入院したりすることにも関係します。
一方で、自己啓発のハウスや解脱のハウスでもあります。

このハウスの特徴は、12室の支配星や在住する惑星のダシャーのときに出費することが多くなことです。

何らかの理由で出費が多くなりますが、それは自己啓発や先行投資のように将来自分に返ってくるようなポジティブな出費をすることで、ネガティブなものに出費しないで済みます。
それはどちらも出費にはかわりないからです。
つまり良い出費にすればそれで厄払いができます。

どうせ出費するのであれば、病気の治療費や事故の後始末のようなものに使いたくないですよね。

実際に私の知り合いに、この時期に家や車などでお金をどんどん使って厄払いをされた方がいます。
その方は、同じ12室の支配星のダシャーのときに大事故で骨折し長期間入院された経験がありました。
また同じダシャーが巡ってきたので厄払いのための出費をされたということでした。
その結果、難無くそのダシャーをクリアできたということでした。
「なるほど!!このような回避法もあるのだ」と、とても感心したことを覚えております。
厄払いだと思って出費を惜しまず、先行投資など将来のための良い出費する時期と考えるべきでなのすね。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です