月から火星に

火星の怒りを鎮めるマンガラヤンラ

最近の金委員長は、とても穏やかな顔をしていますね。
ミサイル発射と核実験中止を表明(2018年4月21日)しましたし。

私の出生時間の逆算が間違っていなければ、現在プラティアンダシャーが「月期」に入っているからだと思います。

でも、もうすぐ「火星期」に入るはずだからトランプ氏との首脳会談後、また核実験再開ということになるのではないかと思っています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です