プレバランス原因療法

病気とは何か

病気とは
心身がバランスを崩しているときに発っせられるシグナルが「症状」であり、その症状とは、「いま元の状態(バランス状態)に戻しているからね」というメッセージでもあるのです。
つまり、「病気とはアンバランス(心身のどこかが偏っている)の状態」とも言えます。

生命とエントロピー

生物は、エントロピーの増大に抗して、エントロピーの低い食料をなどを取り入れ、エントロピーの多い廃物、排熱を出すことで命を繋いでいるのです。
エントロピーが増大するということは、酸化であり「スピン偏極」が増大している状態なのです。そのスピン偏極状態を測定することができるのが「SV-1」なのです。

プレバランスが目指しているセラピーは、「原因療法」です。
つまり、このシグナルやメッセージを手掛かりに病気の根本原因(不自然な状態や偏り)を突き止めることをしています。
当然、その大元を治せば(調和させれば)異常のシグナルは収まります。

しかし、現代医療の多くはこのシグナル自体を止めることを治療としています。
例えるなら、警報ブザーのスイッチを切ったり、警報器のコンセントを抜いたり、ひどいときには警報ブザーそのものを破壊(切除)して病気が治ったとしているわけです。

その病気が人間関係による精神的なストレスが原因であれば、その精神的なストレスを改善するのは当然のことだと考えます。

例えば、そのストレスの結果起っているうつ病を薬で治すなんてできますかね?

暴飲暴食で血糖値が上がって糖尿病になっている人は、正食で改善すべきだと思いますが、暴飲暴食を続けたままで薬で治すことができますかね?

さらにこれらの薬の副作用で体調不良になっている人は、薬で治すことができますかね?

元を辿れば、人間関係のストレスだったり、暴飲暴食だったりが原因なのに、それを薬で抑え、その副作用による症状をまた薬や酷いときには手術で抑える・・・。
こうなると、とても複雑になってしまっています。

このようなこじれた症状をSV-1で治せますか?
とか言われるわけですが、無理です。

まずは、ストレス源から離れていただき、食生活を改め、徐々に薬(石油)を減らし、そして手術で切られた経絡を「経絡つなぎ」で回復させ、傷ついたメンタルを「感情レメディや波動水」で修復する。
また、原因が土地の磁場にあれば転地を勧め、スピン偏極セラピー(AMRITA)を行う。
また、原因がカルマ的な問題であれば、PB占星術でそれらを伝え、祈りのセラピーやマントラセラピーを行なう。
これがプレバランスの原因療法です。

 

プレバランスを常に意識する

プレバランス(愛と調和、自然と調和、宇宙と調和の意味)という言葉には、「病気の原因」と「改善をする方法」が含まれています。

1⃣ 偏らないこと
2⃣ 過ぎないこと
3⃣ 不自然なことは極力やめる
4⃣ リズムを持って生きること

具体的には、次のようなことです。

今起こっている問題や悩みに、「考え方や性格、人間関係の偏り、背骨の偏り、食事の偏り、栄養の偏り、仕事や遊びの偏りなどがないか」を考え、あれば改善(バランス)をおこなう。

今起こっている問題や悩みに、「食べ過ぎ・飲みすぎ、寝過ぎ、遊び過ぎ、仕事のし過ぎ、厳し過ぎる、甘やかし過ぎる、怒り過ぎるなどがないか」を考え、あれば改善(バランス)をおこなう。

今起こっている問題や悩みに、「不自然な食べ物(身土不二)、不自然な住居、化学物質の摂取、金属を体内に入れる、電磁波などの影響がないか」を考え、あれば改善(バランス)をおこなう。

今起こっている問題や悩みに、「生活のリズム(食事や寝る時間、起きる時間)、行動のリズム、仕事のリズムが崩れるなどがないか」を考え、あれば改善(バランス、ルーチン化)をおこなう。

 

 

動画での解説

プレバランス原因療法をアレルギーという切り口で解説した講座動画のダイジェストを紹介します。
こちらもぜひご覧ください。

【プロローグ】

【pHと風邪】

【自然治癒力とスピン偏極】

【生命とエントロピー】

【まとめ】

バイオフォトン療法

生命とは「氣」であり、バイオフォトンなり

2007年、日本で最初に「バイオフォトンセラピー」と称して外国製の波動機器を販売したのは弊社(プレバランス)でした。
この「バイオフォトンセラピー」商標登録の申請も検討したのですが、この名称だけでは難しいということで断念した経緯があります。

あれから12年ほど経ちました。
もちろん、この間もバイオフォトン(生物光量子)の研究を続けてきました。
なぜ、あのときバイオフォトンセラピーの名前を止めてしまったかと言えば、その当時、ある外国製の波動機器でバイオフォトンによるセラピーを行うとして販売しておりました。
ただ、とても高額な機器でしたので、いい加減なものは販売できないと思い、バイオフォトンを研究しているある大学にでむき、この機器で本当にバイオフォトンのセラピーをしているか確認をしてきたのでした。

結果は、残念ながらこの時点では大学側を納得させられるものではなく、バイオフォトンセラピーという名称を使わないようにしました。

あれから12年経過した今、あらためて自社(国産)で開発してきた波動機器
SV-1「バイオフォトン療法」という治療機器として販売することにしました。

それは、その後の研究でバイオフォトンが「氣」の正体だと言える事実やSV-1により必ず氣の状態を変化させているとの確信が持てたからなのです。

きっとあのときの大学での実験でも、別なアプローチの仕方をすれば、バイオフォトンが変化することを確認できたと思うのです。

それは「機器からバイオフォトンがでるようなことのではなく、そのセラピー(経絡の治療)によってバイオフォトンが変化する」ということだったのです。
そう考えれば、バイオフォトンセラピーと言えると思います。

「気」とは何か(NHK BOOKS)という本にバイオフォトンと気の関係を実験によって証明しようとしたことが書かれています。
その後、このような実験は行われていない感じですが、バイオフォトンが「氣」であることは、この実験結果からも明らかです。

また、「バイオフォトン(氣)は生命の正体である」ことも間違いないと思っております。
つまり、生物の「生」とは、その細胞がバイオフォトンの呼吸(吸収と放出)を始めることであり、「死」とは、細胞からバイオフォトン(氣)が消失した状態をいうのです。(とても凄いことをさらっと書いていますよ。笑)

そのような「バイオフォトン(氣)」、「生命の光」を調整する機器がSV-1だということです。

あらためて「SV-1バイオフォトン療法」としてセラピーや研究を続けていきたいと思います。

エネルギー階層とSV-1セラピー

SV-1は、下図のエネルギー階層に対応したセラピーが可能です。
SV-1はエネルギーの各階層に対応したセラピーが可能な世界で唯一のエネルギー療法の機器です。

 

 

測定&セラピー

SV-1の主な機能について下記の通りです。

①経穴のインピーダンスから細胞のエネルギー状態の測定とセラピー
②むち打ちなどで損傷を受けた経絡の修復
③電磁場などの身体への影響の測定とセラピー
④オーラを調整して邪気からのシールドを作る
⑤手術や事故によって損傷を受けた経絡の修復
⑥食物アレルギーなどの相性調整
⑦遠隔治療(ペットなども可能)
⑧祈りのセラピー(御祈祷)による運命の好転

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動画解説

バイオフォトン療法について詳しくは、下記の動画で解説しておりますのでご覧ください。

開発者プロフィール

プロフィール

紫波光太郎(Shiba Koutarou)

SV-1の開発者であり、バイオフォトン療法の創始者、エネルギーセラピスト。
述べ人数4万人以上のカウンセリングとセラピーの経験を持つ治療家であり、発明家。

また、アストロロジャー(占星術師)として500名以上の受講生を養成する傍ら、占星術以外にも数秘術、人相学、手相学、科学風水学、エネルギー医学(波動医学)、オイルテラピー、ハーブ療法、祈祷、マントラ療法、宝石処方などの幅広い知識と技術を身に付けました。
また、状況により、チャネリング、遠隔透視、気功、レイキヒーリングなどの超能力を使ったセラピーやカウンセリングも可能です。

エンジニアだった経験を活かし、様々なソフトや装置の研究・開発も行なってきました。下記がその主な開発商品です。

<主な開発商品>

1⃣ プレバランス占星術ソフト
日本初の日本語版インド占星術ソフト開発
2⃣ エンジェル3の開発
ご祈祷やマントラを自動で行うデバイス(装置)開発
3⃣ SV-1バイオフォトン療法
経絡やバイオフォトンを調整する国産波動装置開発
4⃣ GP-1
科学風水で病気の原因とされるジオパシックストレスを測定する国産の「地磁気変動測定器」開発
5⃣ AMRITA-ETZ
若返り、カルマ(恐怖)を消去するAMRITA(アムリタ)水の開発

著書

「祈りの科学の量子療法」 2019年2月24日発売 ビオ・マガジン

SV-1最新モデル 

2018年最新モデルSV-1 ETのチラシはこちらから
※SV-1 ETには「遠隔転写機能」が追加されました。

最新モデルの価格につきましてお問い合わせください。
弊社のプレミアム会員サイトの通販ページ(サンプルページ)のURLをご連絡します。


※既にSV-1ユーザーの方もこちらの経絡ガイドプログラムVer.3.00Rをインストールすれば最新のSV-1 ETにグレードアップすることができます。
価格など詳しくは、お問合せ下さい。