経絡つなぎセラピー

Q1.経絡つなぎでどうして良くなるのですか?

経絡は細胞と細胞の情報交換をするための光ファイバーのようなものと考えています。アメリカともメールで情報交換ができるのは、光ファイバーを使っているからですが、私たちの身体は、そのすべての細胞が経絡という光ファイバーを通じて、互いに情報交換を行っているといえます。

たとえば手術やキズ、ケガなどで、経絡が切られてしまった場合、そこの情報交換がスムーズにいかなくなると考えられます。その結果、身体に何らかの異常、指が動かない、炎症が起こる、痛みがある、胃腸の働きが悪いなどという症状としてあらわれます。

経絡つなぎとは、損傷を受けてしまった経絡の光ファイバーをつなぎ直すことです。それにより、情報が再び細胞に届けられるようになるのです。

※写真は、経絡つなぎセラピーによって30年前の事故の傷が消失した写真。同時に口のシワも消失。改善を保証するものではありません。
(写真の転載は一切認めません)

 

Q2.経絡をつなぐ箇所はどのように判断するのですか?

経絡つなぎは、実際に手術やケガで切ってしまった端と端をつなぎます。また、そこを通っているのは何の経絡なのか、経絡ガイドプログラムで分かりますので、切れている経絡を判断してつなぎます。

経絡の損傷を受けてしまう原因の1つに、むち打ち症があります。首が凝る、何か調子が悪いということであれば、その箇所の経絡つなぎをします。

また、自覚症状はないが経絡が切れているということがあります。ツボの測定でインジケーターの音が上がらずランプが青のまま伸びないとき、どこか経絡が損傷していると考えられます。特に、背骨に損傷を受けていることが多く、首と臀部をつなぐと症状が回復してくるということがあります。

バレーボールで何十年も前に突き指をして、それ以来、指が動かなかったという方の測定では、ツボの測定で音がしなかったところを、経絡つなぎをしたところ、同じツボで音も出るようになり、突き指した指も良くなったということがありました。