相性調整セラピー

1.相性調整とは

「エネルギーの密度が濃い部分が物質である」とアインシュタインは言っています。つまり、すべての物質はエネルギーの塊であると考えることができます。振動するエネルギーが集まったものが物質であるということで、それぞれが固有振動数という特有の振動数を持っています。

たとえば、同じ周波数の音叉は片方を鳴らすと片方も振動します。これを共鳴といいます。それに対して、周波数が違った場合には、片方の音叉を鳴らしても、もう片方は鳴りません。共振しないということです。


共鳴

アレルギーもこれと同じように固有振動数とその共鳴によって解釈することができます。たとえば、花粉アレルギーの場合、花粉の持っている振動を身体が感知し、それを嫌がっているということです。共鳴していないわけです。または、脳がそれを危険と感じたり、嫌がるという周波数を出していることになります。ですから、花粉を感じると、身体の免疫機能が働き、外に排出しようとします。

花粉症の方は、テレビで花粉がひどいと洗脳ともいえるように放送するので、いつの間にか花粉は敵だと思い始めたといえます。そして、花粉の季節に実際にくしゃみが出るようになり、身体が反応し始めます。それを脳に対して、問題ないと認識させるのが相性調整セラピーです。


花粉との相性調整セラピー

2.アレルギー食品との相性も調整できるのか

アレルギーとは、アレルゲンの波動(固有振動数)を腸センサーが周波数として感知し、排除または攻撃命令を免疫細胞に指示するわけですが、アレルゲンの波動に対して「寛容」となることでアレルギーは緩和されます。これを「免疫寛容」といいます。相性調整とは、まさに敵対するもの(その波動)にたいして寛容さを与えるセラピーです。アレルギーの相性調整に関して詳しくはマニュアル小冊子をご覧ください。


※改善を保証するものではありません。(転載は一切認めません)

3.人の相性調整とはどのようなことか

人間でも同じことで、AさんとBさんで相性が良くないという場合、性格がうんぬんというよりも、相手が持っている固有振動数を、脳が嫌いと思ったり、寄せ付けないと判断していると考えられます。

脳に対して、その人の周波数は安全で害がない、逆に愛そう(寛容)という波長を伝達できれば、そこに共鳴が起こってきて、脳が受け入れ始めるのです。すると相手をイヤだと思わなくなります。人との相性調整に関して詳しくはマニュアル小冊子をご覧ください。

4.自分に合う化粧品を作れるのか

自分の固有振動数と化粧品の持っている固有振動数を調整することで、自分と共鳴する化粧品を作ることができます。また、自分に適した感情レメディを化粧品に流すことで自分に合う化粧品にすることができます。