あなたの子どもが結婚しない3つの理由

あなたの子どもが結婚しない3つの理由

結婚しない理由ーその1

❤運命の人と出逢うタイミングを知らない

結婚しやすい時期が運命では決まっています。
インド占星術では、結婚できない人は、「運命における最大の婚期」が子どもの頃だったり、かなり遅くやってきてしまう傾向があると考えます。

残念なのは、「今が運命の婚期」であることに気づかず、このビッグチャンスの時期に何もアクションすることなく婚期を逃してしまう人です。
PBMSでは、インド占星術を使って何度か巡ってくる、あなたの結婚しやすい時期をお伝えいたします。

 

結婚しない理由ーその2

❤『理想』をいつまでも追い続けている

理想を追い続けているうちに、理想の相手や婚期を逃しているパターンです。
これは、モテる人や理想が高い人が陥っている結婚しない理由です。
「彼(彼女)よりもっと良い人が現れるのではないか」
と恋愛やお見合いを繰り返しているうちに理想の相手が通り過ぎていってしまうというものです。

数学的には理想の相手は36.8%過ぎに現れるといわれています。
100人との出会いがある人であれば37人目ですし、10人との出会いがある人では4人目となります。
あまり出会いがない人、例えば3人~5人程度の人であれば、2人目で決めないとその後現れる人は理想の相手ではないということになります。
PBMSでは、インド占星術を使ってあなたがモテるタイプなのか結婚相手の特徴(人相や出逢う職場)などをお伝えし、理想の相手探しのアドバイスを行います。

 

結婚しない理由ーその3

❤親の影響で結婚しない・したくない

これは、ハッキリ言って「親の影響」で、大きく分けると次の3つです

1⃣ 不仲な両親のもとで育った子どもが「結婚することに幸せをイメージを持てない」ケース

ですから、円満な家庭がとても子どもの結婚には重要です。子どもの前では、喧嘩したり不仲な状況をみせないようにしてください。
そのような環境で育った子どもさんは、逆に「自分は円満な家庭を築く」という意識に転換してください。

 

2⃣ 共依存の親が、子どもを自立(結婚)を妨げているケース

親は、子どもの自立を恐れ(自分から離れていくこと)、子どもも何でもしてくれる親から離れることができません。(本人達には自覚がないことが多い)
思春期(10歳から18歳)という自立(親離れ)にとって大切な時期を、偏った愛情で自立するタイミングを逃してしまいます。

仲の良い親子は良いと思いますが、偏った愛にならず「バランスよく、自立を促すような子育て」としたいものです。
既にそのような状況にある方は、いきなりの自立は副作用があると思いますので、徐々に自立に向けた行動をとっていきましょう。

 

3⃣ 家柄や親に気に入ってもらえる相手(親を意識し過ぎて)を求めてなかなか結婚相手を見つけられないケース

いわゆる「親孝行」とされる良い家柄の子どもにありがちな理由です。
また、2⃣の影響も大きいと思います。その結果、「結婚しない理由ーその2」にも陥りやすい。

1⃣~3⃣のすべてに言えることですが、一度限りの自分の人生です。
親のためや誰かのために生きる必要はありません。
また、親も子どもはあなたの所有物ではないことを理解し、一人前の大人として自立できるようにサポートすることが親の役割だと考えることです。

PBMSは、結婚相談だけでなく、親子関係の相談を行っています。
それは、この「親子関係を正常化」させることが「結婚のための前段階」と考えるからです。言い換えますと、この関係を正さなければ結婚はもとより、結婚後やその子孫まで負の連鎖的が及ぶからです。
占星術では、これを結婚のカルマ(因縁)と考えます。このような相談ができるのもPBMSの特徴だと言えます。

 

文責 インド占星術担当 紫波光太郎