他力本願

結婚相談所に入会してもご自身が何も動かなければ状況は変わりません。
「本気で結婚したい」という気持ちや、「本気で人間関係を改善したい」と思う気持ちがなければ「現実」にならないのです。

その理由は・・・
「この世界は、想いによって作られているから」なのです。
例えば、今回オープンさせた「PB結婚・人間関係相談所(PBMS)」ですが、このPBMSは私の考えに共感(同じ想いを持つ)してくれたマリッジアドバイザーの石川さんと実質15日間で立ち上げました。

去年の夏から皆さんには「来年、結婚相談所をオープンさせますよ」と言っていましたが、まずはその活動の中心となる水戸オフィスを立ち上げ、その事業の一つである「祈りのセラピー」や様々な「ホリスティック医療」の講座の開催に力を注いでいましたので年内はまったく着手できずに、12月に行われた開運講座のときにはじめて「来年2月にオープン」というのが精いっぱいのアピールでした。ただ、「PBMSは必ず2月にオープンさせる」との
想いは強く維持してきました。

2018年1月入っても「対人アレルギー」などの講座の準備や他の仕事などで忙しく実際に「PBMS」に集中して取り組んだのは2月に入ってからになります。
そして2月16日にプレオープンとさせたのですから、自分でもすごい集中力と「想いの強さ」だと思っています。
私は、これまですべての夢を現実にしてきました。
公言したことは、すべて実行し現実のもとしてきました。

私は、事業も結婚もそれ以外の夢も同じだと思うのです。
本当に結婚したいのであれば、「いつまで」という期限を区切り、そしてそのためにどのような行動をするかを考えることです。
特にイメージはとても大切です。
「イメージできたものは、必ず現実になるから」です。

他力本願とは、「他人が何とかしてくれるだろう」と他人をあてにすることなわけですが、他人である仲人は一生懸命動きますが、本人が中途半端な気持ち(想い)であればまずご縁はできないと思った方がいいです。
先に書きましたように「想いによって現実が作られる世界」だからです。

婚活がうまくいかない理由はいろいろあると思いますが、想いがいかに重要かを今日はお伝えさせていただきました。

(文責 上田)

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です